読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

箱根駅伝の王座奪還へ、カギ握る大型ルーキー…鶴川正也(青山学院大1年)

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 男子大学生の陸上長距離は、10月10日の出雲全日本大学選抜駅伝から駅伝シーズンを迎える。選手たちは11月7日の全日本大学駅伝を経て、来年1月2、3日の第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)に挑む。今季前半の大舞台で躍動した注目選手を紹介する。

青山学院大の大型ルーキー鶴川正也
青山学院大の大型ルーキー鶴川正也

5000メートルのU20王者

 同世代のライバルが集った6月のU20(20歳未満)日本選手権5000メートル。実力派ぞろいの青学大ルーキー4人を軸に先頭を争う中、「タイムではなく勝ちにこだわる」とのプラン通りに後方で力を温存。残り150メートル付近からトップに飛び出すと、一気に後続を置き去りにして優勝を飾った。

 熊本・九州学院高では2年時から、全国高校駅伝でエース区間の1区(10キロ)を任された。7人が28分台を記録するハイレベルな争いで、1学年上の強力世代にただ一人分け入り3位と快走。続く昨年は「自分の武器」と誇るスパートできっちり区間賞を勝ち取るなど、勝負強さが光る。

 原 すすむ 監督は今季、連覇を狙った前回の箱根で4位に終わったチームに、「着順争いが陸上競技の原点。タイムより強さを見たい」と求めてきた。その象徴となり得る大型ルーキーが、王座奪還の起爆剤となるか。(西口大地)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2372650 0 ニュース 2021/09/17 05:00:00 2021/09/17 05:56:22 陸上。青学大の即戦力1年生として期待される鶴川正也。2021年4月19日夕刊[月刊 箱根駅伝]「4月 新世代 期待の星 3人に注目」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50157-T-e1631825777137.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)