読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ヒントは大迫傑の脚さばき、箱根駅伝の「区間賞狙う」…千明龍之佑(早稲田大4年)

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 男子大学生の陸上長距離は、10月10日の出雲全日本大学選抜駅伝から駅伝シーズンを迎える。選手たちは11月7日の全日本大学駅伝を経て、来年1月2、3日の第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)に挑む。今季前半の大舞台で躍動した注目選手を紹介する。

日本選手権男子5000メートルで力走する早大の千明龍之佑
日本選手権男子5000メートルで力走する早大の千明龍之佑

日本選手権5000メートル、学生最上位

 名門の主将・ 千明(ちぎら) が波に乗っている。関東学生対校選手権5000メートルは日本勢2番手の3位。日本選手権5000メートルは13分39秒04で、学生最上位の8位に入った。左アキレスけんに痛みがあった中で、本人も「ビックリした」という好記録だった。

 昨夏、大学の先輩で東京五輪男子マラソン6位の大迫 すぐる (ナイキ)主催の合宿に参加。片方の足が接地するのと同時に、逆脚が膝を追い越すように素早く前に出る大迫の脚さばきに着目した。自身も意識すると、「勝手に脚が前に出ていく感じで、楽に走れるようになった」。群馬県片品村での中学時代、全国4位に入ったクロスカントリースキーで培った心肺にスピードが融合し、飛躍を遂げた。

 チームの目標は大学駅伝3冠。1万メートル27分台の記録を持つ同学年の 中谷雄飛なかやゆうひ 、太田直希とともに主軸を担う主将は、「三つの駅伝で区間賞を狙う」と力強い。(工藤圭太)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2372640 0 ニュース 2021/09/17 05:00:00 2021/09/17 05:54:36 日本選手権 男子5000メートル決勝、千明龍之佑(6月24日、大阪・ヤンマースタジアム長居で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50158-T-e1631825670863.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)