読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

予選会ロケットスタートは「あれでいい」立教大・上野裕一郎監督、箱根駅伝めざし異色の指導

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10月23日の予選会で、箱根駅伝の全出場校が決まった。涙をのんだ11位以下の大学で、最大の上昇を果たしたのが立教大だった。躍進の背景には、「速すぎる監督」の奮闘があった。(編集委員 近藤雄二)

予選会で力走する立大の斎藤俊輔(右)、関口絢太(中央)、安藤圭佑(左端)=菅野靖撮影
予選会で力走する立大の斎藤俊輔(右)、関口絢太(中央)、安藤圭佑(左端)=菅野靖撮影

大健闘16位、昨年から12ランク急上昇

 滑走路脇の報道テントに、どよめきが起こった。東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地で行われた予選会。5キロ地点を上位10人が最初に通過したのは、最有力だった明大や中大でもない、前回28位の立大だった。その後は徐々に後退したが、最終順位も16位の大健闘。前回20分以上あった予選通過ラインにも、あと7分26秒まで近づいた。

 立大は創立150周年となる2024年の本大会出場を目指し、大学を挙げた強化を18年秋に始動。全国の有力選手が加入し始め2年目だった。うまく走れば20位前後への浮上はあると見ていたが、成長スピードは想像を上回っていた。

 「選手たちは、攻めなきゃ箱根出場はないとわかっていたんですよ。終盤もたなかったけど、走りはあれでいいんです」。18年12月からチームを率いる上野裕一郎監督(36)は、無謀にも思える序盤のロケットスタートに、むしろ手応えをつかんでいた。

上野裕一郎監督=立大提供
上野裕一郎監督=立大提供

いまだ現役「速すぎる監督」

 上野監督は中大時代、箱根駅伝3区で9人抜きをするなど活躍。名門エスビー食品に進むと09年世界選手権男子5000メートル代表となり、DeNAで主将を務めた。持ち味は果敢な仕掛けと、1メートル83の長身から放つ迫力満点のスパート。予選会でのまな弟子たちの思い切った「突っ込み」は、確かに師匠譲りだった。

 その上野監督の指導スタイルは、大学駅伝界では異端と言える。いまだ現役を続け、時に選手を先頭で引っ張り、あるいは後方から励ます。昨年12月の日本選手権男子5000メートルにもチームで唯一出場し、まだまだ教え子を寄せつけない。

 長距離界では、指導者が走ることに否定的な意見もある。「監督が走っていたら数十人の部員全体が見えなくなる」と。しかし、上野監督に揺らぎはない。

 「選手の一番近くで背中を押したり、フォームの乱れをその場で正したり、走っているからできることもある。昔からの決められたスタイルにとらわれず、独自のものは崩したくない」

 伴走は練習にとどまらず、実戦のペースメーカーで記録更新をアシストすることもある。1年生の安藤圭佑は「間近で見てくれてうれしいし、メチャメチャ速いので練習の質をすごく高めてくれる」と感謝。予選会では新人ながらチーム3番手の個人77位と好走した。

師弟一丸「次回にチャンス」

 愛知・豊川高で全国高校駅伝1区を走った安藤が立大を選んだのは「チャレンジャーとして箱根を目指すことに魅力を感じたから」。上位10人中9人が1、2年だった立大の躍進は、常連校の壁を破って1968年以来の箱根出場を果たす野心を、師弟が一丸となって燃やしている結果だろう。

 「できるだけ選手とコミュニケーションを取る」が信条の上野監督は普段、約10キロ離れた自宅に妻と子ども3人を残し、埼玉県新座市の合宿所で選手たちと寝食を共にする。「次回に突破できるチャンスは出てきた。選手の攻めの走りを見て、箱根へ連れていってあげたい思いが高まった」。戦前を含め27回出場の古豪復活は、快足伴走者のペースメイクで、目標よりぐっと早まるかもしれない。

筆者プロフィル

近藤雄二 (こんどう・ゆうじ)1968年生まれ。早大時代に箱根駅伝3度出場。2019年にフルマラソンで2時間44分16秒をマーク。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2523910 0 ニュース 2021/11/16 12:00:00 2021/11/16 12:44:46 第98回箱根駅伝予選会で力走する立大の選手ら(10月23日、東京都立川市で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211116-OYT1I50067-T-e1637034282405.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)