読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

徳本一善監督に「前へ」と言われ、田尻健は「笑おう」…駿河台大の箱根駅伝初切符ドキュメント

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催、来年1月2、3日)の予選会が10月23日に開かれ、駿河台大(埼玉県飯能市)は8位に入り、悲願であった本大会初出場を決めた。箱根路への切符をつかみとるまでの約1時間、選手たちは何を考えて走っていたのか。舞台裏に迫った。(水野友晴)

本大会初出場を決め、喜ぶ駿河台大の選手たち(10月23日、東京都立川市で)
本大会初出場を決め、喜ぶ駿河台大の選手たち(10月23日、東京都立川市で)

崩れた陣形、指揮官は「頭が真っ白」

 「一番いい21キロにしよう」――。

 レース直前、円陣を組んだメンバーに阪本大貴主将(4年)が呼びかけた。昨年と同様、道幅が広く平らなコースのため、高速レースが予想されていた。

 徳本一善監督(42)が描いた展開はこうだ。1万メートルの持ちタイムがチームトップのジェームズ・ブヌカ選手(4年)をはじめ、主力の今井隆生選手(4年)、町田康誠選手(3年)、清野太成選手(3年)、新山舜心選手(2年)は各自のペースでチームを引っ張る。それ以外のメンバーは集団走で安定したタイムを刻む――というものだった。

 ところが、今大会は強い風がレースの流れを左右した。向かい風や追い風にペースを乱される選手が続出した。駿河台大は5キロ地点を7位、10キロ地点を5位で通過。好調な出だしに見えたが、徳本監督は「実力校が上位で通過しておらず、力をためている」と一抹の不安を感じていた。

 10キロ付近を境に、駿河台大の選手たちの走りが変わり始めた。期待のブヌカ選手はペースが上がらず、前方でレースを進めていた町田選手、今井選手は当初のペースから遅れ始めた。集団で走っていた阪本主将と入江泰世選手(4年)も徐々に集団から離れていった。

 チームの陣形が崩れていく中、佳境の15キロ地点は予選通過ぎりぎりの10位で、11位との差はわずか5秒。不安が的中し、徳本監督は「頭が真っ白になった」と打ち明ける。

本大会に向けて練習に励む選手たち(駿河台大提供)
本大会に向けて練習に励む選手たち(駿河台大提供)

強風を味方に「30人以上抜いた」3人組

 チームのピンチにも、徳本監督は「焦らせると走りを崩す」と考えていた。遅れ始めた選手には、あえて「現状キープ(維持)」と伝えた。難局を乗り越えるべく、選手の動きをじっと注視した。

 「鍵となる」と徳本監督が感じたのは、田尻健選手(4年)と集団走を続けていた永井竜二選手(3年)、小泉謙選手(3年)の3人。「彼らの目にはまだ力が残っていた」(徳本監督)と判断し「前へ」と指示した。

 徳本監督の指示を受け、田尻選手は「(チームの成績は)俺たち次第だ」と直感した。プレッシャーがかかる場面で動きが硬くならないよう、集団にいた小泉選手、永井選手に「笑おう」と声をかけ、リラックスさせることを意識した。

 レース終盤、田尻選手は向かい風では他チームの選手の後ろについて体力を温存し、追い風になるとペースを上げて抜き去る走りを徹底した。小泉選手、永井選手にも「向かい風では絶対に(前に)出るな」と呼びかけ、「30人以上抜くことに成功した」と振り返る。

「第8位 駿河台大学」届いた意地

 田尻選手らの機転により、11位のチームとは1人約3秒の差をつけた。それでも徳本監督は、「このまま気を緩めさせてはいけない」と、周回する選手に「10位。1人1秒差」と書いたボードを見せ、最後の奮起を促した。

 チーム8番手の阪本主将は、「4年生のせいで落ちるわけにはいかない」と、後続の入江選手、今井選手に「ついてこい」などと声をかけ、支え合いながらゴールを駆け抜けた。

 祈るように迎えた結果発表。「第8位 駿河台大学」とアナウンスされると、チームは歓喜に包まれた。「最後は彼らの意地が届いた」と徳本監督。初の箱根路に向け、阪本主将は「たすきをつなぎ、新たな駿河台の歴史を刻みたい」と、その日を待ちわびている。

第98回箱根駅伝予選会

 10月23日に東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地で開催され、41チームが参加した。前回に続き、駐屯地内で1周約2・6キロのコースを8周超周回するハーフマラソン(21・0975キロ)により行われた。各校10~12人が走り、上位10人の合計記録で上位10校(明治大、中央大、日本体育大、山梨学院大、神奈川大、法政大、中央学院大、駿河台大、専修大、国士舘大)が来年1月の本大会出場権を得た。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2533471 0 ニュース 2021/11/19 17:00:00 2021/11/19 17:03:44 第98回箱根駅伝予選会 箱根駅伝出場を決め喜ぶ駿河台の選手たち(23日午前11時11分、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地で)=富永健太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211119-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)