箱根駅伝

箱根駅伝史上最速の決戦、田沢廉VSイエゴン・ビンセント…花の2区で実現へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)は2022年1月2、3日、東京・大手町の読売新聞社前から箱根・芦ノ湖までを往復する10区間217・1キロのコースで行われる。各校エースのうち、学生最速の呼び声高い駒沢大の田沢廉と、区間記録を二つ保持する東京国際大のイエゴン・ビンセント(ともに3年)を紹介する。2人は今大会、「花の2区」で激突する見通しだ。

青学メソッドで「エース目線」まで成長…青山学院大・近藤幸太郎、V奪還かかる箱根駅伝へ
さらに力をつけて箱根連覇に挑む駒大の田沢廉
さらに力をつけて箱根連覇に挑む駒大の田沢廉

駒沢大・田沢「僕が見ているのは世界」

 今月4日、1万メートルで来夏の世界選手権参加標準記録27分28秒00をクリアする日本歴代2位の27分23秒44を出した。それでも、田沢の心は満たされてはいない。「うれしいけど、それだけ。僕が見ているのは世界なので」

 前回の箱根後に右 大腿だいたい 骨を疲労骨折。離脱した2か月間が、学生トップランナーを駆り立てた。「走りたいという意欲が高まった」。東京五輪代表には届かなかったが、5月の日本選手権は27分39秒21で2位。その後も順調に力を伸ばし、今回の好記録にたどり着いた。

 駅伝でも勝負強さは際立つ。アンカーを務めた出雲は、序盤から飛ばして3人抜きの力走。全日本の7区では、首位と1分36秒差の4位からトップに押し上げ、2位青学大に18秒差をつけて2連覇を引き寄せた。

 活躍の背景には、主将に就いた効果もある。今春に始めた練習日誌では自身だけでなくチームメートの様子もつづる。練習で設定タイムを超えようとする貪欲さは更に増した。大八木弘明監督も「人間的に成長し、自分が引っ張るという強い意志が見える」とうなずく。2区にエントリーされた箱根の目標は区間賞。「エースらしい走り」で、2連覇への弾みをつけるつもりだ。(後藤静華)

東京国際大・ビンセント「キプチョゲが情熱を与えてくれる」

2区での区間記録更新を狙う東京国際大のイエゴン・ビンセント
2区での区間記録更新を狙う東京国際大のイエゴン・ビンセント

 伸びやかなストライドで、ランナーたちを悠然と抜き去ってきた。箱根初登場の前々回は3区で7人を抜き去り、区間記録を2分以上更新した。前回はエースの集う2区。終盤に急坂がある難路に手を焼きながらも、14位からトップに立ち、区間記録を8秒短縮した。「今回も2区を走るので、前回よりいい走りをして、記録も更新したい。どれだけ難しくても、走るしかない」と話す。

 東京五輪の男子マラソンで2連覇した母国の英雄エリウド・キプチョゲに憧れる。「彼はいつも情熱をあたえてくれる。彼がいるから、自分も限界を超えることができる」

 1万メートルのケニア代表として3年後のパリ五輪に出場することが目下の「夢」だという。その後はマラソンにも挑戦したい。

 箱根で見せる異次元の走りは、世界に直結している。(小石川弘幸)

スクラップは会員限定です

使い方
「箱根駅伝」の最新記事一覧
2639413 0 ニュース 2021/12/30 05:30:00 2021/12/30 05:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211229-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)