箱根駅伝

順天堂大は猛スパート、青山学院大は逸材復活…エース対決で示した強豪の戦力

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 各校のエースが誇りをかけて戦った5月の関東学生対校選手権。「関東インカレ」と呼ばれる晴れ舞台で、今年の箱根駅伝での上位2校が、パワーアップした姿をみせた。(編集委員 近藤雄二)

駒沢大の大型新人がアフリカ勢と好勝負…5000MでU20新記録、ぼくとつと「想定通り」
エース完全復活をアピールした青山学院大・岸本大紀(左側)と、進化したスパート力を見せた順天堂大・伊予田達弥(写真右側の先頭)
エース完全復活をアピールした青山学院大・岸本大紀(左側)と、進化したスパート力を見せた順天堂大・伊予田達弥(写真右側の先頭)

順大・伊予田「箱根Vに1ミリ近づけた」

 第101回を迎えた関東インカレ。この伝統の一戦は、各種目に標準記録を突破した1校3人しか出られない。つまり、各校の主力級が激突する舞台なのだ。

 5月19~22日に行われた大一番で、存在感を示したのが今年の箱根で2位に躍進した順天堂大と王者青山学院大。そのうち、1部のトラック2種目を強烈なスパート力で制したのが順大だった。

 まず、急成長の跡を見せたのが1万メートルの伊予田達弥(4年)。ラスト1周で集団から抜け出すと、他校のエースたちを一気に突き放す爆発的な走りで、トップでゴールへ飛び込んだ。

 今年の箱根3区3位の実力者ながら、大きな個人タイトルは初めて。目を見張る猛スパートの陰には、東京五輪3000メートル障害7位入賞の三浦龍司(3年)の存在があった。「4月から三浦とのスピード練習で、かなわないなりにつかせてもらっているので、三浦よりは(相手は強くない)と走ることができました」

 1万メートルでの順大勢優勝は、かつて箱根2区で区間記録も作った三代直樹以来25年ぶり。伊予田は「僕が優勝したことで、1ミリでも箱根駅伝の優勝に近づけたと思います」と声を弾ませた。

圧巻のスパートでスタンドを沸かせた順大の三浦龍司
圧巻のスパートでスタンドを沸かせた順大の三浦龍司

三浦、5000m制して涼しい顔

 そして、貫禄を見せたのが三浦だった。今回は6月の日本選手権を見据え、5000メートルのみに登場。最初から先頭を引っ張ると、残り2周で法大の松永伶(3年)が一か八かの猛ダッシュをかけた。しかし、三浦は反応しない。その差が40メートルほどにも達したラスト1周。三浦がスイッチを入れると、150メートルほどで周回遅れを抜き去るような速度差で松永をかわし、涼しい顔でゴールを駆け抜けた。

 「(松永は)射程距離に入っていた。上級生が走りで背中を見せられたので、後輩の駅伝への取り組みにも注目したい」。圧巻の逆転劇で伊予田との順大2冠を遂げた三浦は、チームへの波及効果を期待した。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「箱根駅伝」の最新記事一覧
3099803 0 ニュース 2022/06/21 11:30:00 2022/06/21 11:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220620-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)