読売新聞オンライン

メニュー

読売新聞オンラインの利用方法

利用方法をご案内します

「読者会員」と「一般会員」

読売新聞オンラインの会員種別には、「読者会員」と「一般会員」があります。読売新聞のご購読者様は「読者会員」に、それ以外の方は「一般会員」となり、利用できるサービスに差があります。読者会員としての登録・利用は、新聞購読料+0円です。一般会員としての登録・利用は無料です。いずれも登録作業が必要です。

会員ステータスの確認方法

ログインした状態で、読売新聞オンラインの各ページを開き、右上の「マイページ」をご確認ください。「読者会員」「一般会員」と会員種別が記載されています。

ページの右上に「ログイン」ボタンが表示されている場合、ログインをしてからご確認ください。

登録の方法

読者会員として利用するために、まずは登録が必要です。完了すると、ただちに読者会員としてサービスをご利用開始いただけます。

お手続きの方法は、こちらをご覧ください。

多くのお客様はこれで作業終了です。一部のお客様には、数日後に、読売新聞をご購読の販売店が「本登録のご案内」をお届けしますので、本登録にお進みください(一部地域では後日メールでお届けします)。

「本登録のご案内」には、読者会員として利用を続けるために必要な「統合用パスワード」などが記載されています。ご案内に沿って、本登録の作業を行ってください。作業を行わない場合、一般会員となり、読者会員のサービスが利用できなくなります。

詳しいお手続きの方法は、こちらをご覧ください。

読者会員の期限、利用コードの更新

読売新聞のご購読者様は、読者会員登録いただくと、購読を継続している限り、読者会員としてサービスをご利用いただけます。

一部のお客様には、登録時のほか、定期的に利用コードの入力を頂いておりましたが、2021年3月より、更新作業は不要となりました。

ID、パスワードを忘れた場合

トップページの「ログイン」ボタンを押し、読売ID会員ログイン画面を表示させてください。

ページの内に、「読売IDを忘れた方」「パスワードを忘れた方」というリンクがありますので、リンク先の説明に従って操作してください。読者会員で任意項目のメールアドレスの入力をされないと、読売新聞読者センターデジタル担当(0570-043435)への電話での問い合わせが必要になります。

 

引っ越しされた場合のお手続き

引っ越し後、読売新聞をお届けしている読売新聞販売店が変わった場合は、オンラインに関する引っ越しのお手続きが必要です。画面右上の「マイページ」の「登録情報」へ進み、一番上の「引っ越し申請」ボタンからお手続きください。「読者会員申請」と表示されている方は、こちらのボタンを押して、「引っ越し申請」にお進みください。

読者限定記事や朝刊紙面が閲覧できなくなった場合

ログインの上、会員ステータスの確認をしてください。

引っ越しされて担当の読売新聞販売店が変わった方は、こちらをご覧ください。

同じ読売新聞販売店から購読を続けているにも関わらず一般会員となっている方は、読者センターデジタル担当(0570-043435)にお問い合わせください。

仮登録後、本登録作業がお済みでない方は、こちらをご覧ください。

読売新聞の購読を開始された一般会員の方

読売新聞をご購読中は、読者会員としてのサービスをご利用いただけます。これまでのIDでログインの上、画面右上の「マイページ」の「登録情報」へ進み、「読者会員申請」のボタンを押して、必要事項を入力して送信してください。

メールアドレスの登録・トラブル

読者会員の方は、メールアドレスを登録いただくと、メールアドレスをIDにしてサイトを利用できるほか、朝刊ヘッドラインなどのメールマガジンや緊急速報メールの受信が可能です。

仮登録を経て読者会員になられた方は、メールアドレスを登録済みです。招待状や領収書のQRコードから登録された方は、ページ右上部の「マイページ」内の「登録情報」を押し、会員設定画面に進み、連絡先にメールアドレスを登録してください。メールに届いたURLをクリックすると、登録が完了となります。

メールアドレスを登録したのに確認メールが届かない方は、入力したアドレスが正しいものであるか確認してください。アドレスが間違っていない場合、届いたメールが迷惑メールフォルダやプロモーションフォルダなどに振り分けられている可能性があります。

受信拒否設定されている場合は、読売ID会員事務局からのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「my.yomiuri.co.jp」を許可するよう設定してください。

「メールアドレスが使用できません」と表示される場合、入力されたメールアドレスは、本社が提供する会員制デジタルサービスで、すでに使用されている可能性があります。読売プレミアムやヨミドクター、あるいはプレゼント応募などで、そのメールアドレスをIDとしてお使いになったことはありませんでしょうか。ご記憶にない場合は、こちらからパスワードを忘れた場合の手順にお進みください。お客様あてにメールが届きますので、パスワードを再発行する手順にお進みいただき、完了させてください。続いてこのメールアドレスを利用したIDを退会してください。退会完了後に、もう一度メールアドレスの登録をお試しください。

※ただし、一般会員として、「よみぽランド」で貯めたポイントを引き継ぎたい方は、退会をせずに、読売新聞販売店から「本登録のご案内」か「招待状」を受け取り、IDの統合をしてください。

ご家族の利用や、利用できる端末の台数

読売新聞オンライン読者会員のIDは、ご自身のパソコンやスマートフォン、ご家族の端末など、複数台で共用してお使いいただけます。IDを共用いただけるのは、同居のご家族までとなります。

同時に接続できるのは2台までとなります。

同時に2台の端末でログインした後、3台目の端末でログインすると、1台目がログアウト状態になります。1台目で再度ログインされると2台目がログアウト状態になります。端末の数は、ご使用のブラウザーごとにカウントしており、1台の端末でも2種類のブラウザーからアクセスすると2端末とみなされます。

複数台で利用される場合、IDは1つのものを使うことになります。端末ごとに違うIDを利用することはありません。

登録情報の確認・変更

ログイン後、ページ上部にある「マイページ」内の「登録情報」を押し、パスワードを入力した上でお進みください。またはこちらを押してください。

海外在住の方

海外在住の方は読売新聞オンラインを利用できません。

海外に滞在している人が読売新聞朝刊(東京版)の紙面をスマホやパソコンで読める「読売新聞・海外サービス」をぜひご利用ください(海外在住の方のみ利用可能です)

読売新聞・海外サービス

法人の方

読売新聞オンラインをログインしてご利用いただくのは原則として個人に限ります。法人その他の団体が本サイトの利用を希望する場合は、読売新聞読者センターデジタル担当(0570-043435)にお問い合わせ下さい。

サービス利用について

読売新聞オンラインは、本紙を購読されていれば、追加料金なしでご利用になれます。通信料はお客様の負担となります。

退会方法

読売新聞オンラインのみを解約する方法はご用意しておりません。読売IDを退会することにより、解約となります。その際、ヨミドクター・よみぽランドなど他の読売デジタルサービスもすべて解約となりますので、ご注意ください。よみぽランドのポイントも消滅します。退会手続きはこちらへ進み、「登録情報変更」から「退会」します。

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)