FFになっても、俊敏な走行感覚は変わらず BMW「1シリーズ」(Vol.586)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

今回試乗した新型「1シリーズ」のグレード「118i Play」
今回試乗した新型「1シリーズ」のグレード「118i Play」

 ドイツBMWでもっとも小型の車種が「1シリーズ」である。フォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」や、メルセデス・ベンツ「Aクラス」のライバルだ。3代目となる新型は、後輪駆動(FR)だった初代、2代と異なり、競合他車と同じ前輪駆動(FF)に切り替わった。

 BMWが当初、FRにこだわった理由は、企業メッセージである「駆けぬける(よろこ)び」のためだ。運転を楽しむにはFRであることが重要であり、かつBMWの車種に共通する均等な前後重量配分による安定性という効果もある。一方、FRには、競合他車に比べて後席にゆとりがないなど室内空間の狭さという弱点はあった。

車体後方にかけて絞り込むような形状により、空気抵抗を軽減している
車体後方にかけて絞り込むような形状により、空気抵抗を軽減している
容量が増えた荷室。後席の背もたれは左右分割で倒せるため、さらに荷物を積むことができる
容量が増えた荷室。後席の背もたれは左右分割で倒せるため、さらに荷物を積むことができる

 今回FFに切り替えた理由は、技術の進歩だ。BMWとしては日本市場で初採用となる「ARB」の搭載である。ドイツ語の頭文字から「ARB」だが、「タイヤ・スリップ・コントロール・システム」という機能になる。FF車の場合、カーブを曲がる際、駆動部分がある前半部分が重いため、前輪タイヤのグリップが遠心力に負けてカーブの外側に押し出される「アンダーステア」という現象が起きやすい。「ARB」により、カーブ時のタイヤ走行状況を直接検知し、即座にエンジン出力を制御してアンダーステアを防ぐことができるようになった。反応速度も従来に比べて約3倍も速くなり、俊敏な走行感覚が実現したというのである。カーブでの大回りを抑制できるようになったため、FF化に踏み切ったのであった。

運転者が操作しやすいようにつくられた運転席。ただし、エンジン回転計は、反時計回りのため、読み取りにくかった
運転者が操作しやすいようにつくられた運転席。ただし、エンジン回転計は、反時計回りのため、読み取りにくかった
アクセルペダルはオルガン式を採用。かかとの支点がずれないため、細かなアクセルコントロールが可能
アクセルペダルはオルガン式を採用。かかとの支点がずれないため、細かなアクセルコントロールが可能

 今回試乗したのは、「118i Play(プレイ)」というグレードで、下から2番目になる。価格的に売れ筋となるグレードだ。エンジンは、排気量1499ccの直列3気筒で、7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)という自動変速機が組み合わされている。

直列3気筒だが、奇数シリンダー特有の振動や騒音はほとんど感じなかった
直列3気筒だが、奇数シリンダー特有の振動や騒音はほとんど感じなかった

 直列3気筒というと、国内の軽自動車で主に採用されるエンジンの種類で、振動や騒音が気になるのではと思ったが、「1シリーズ」ではほとんど意識させられない水準に仕上がっていた。

 走行で印象深いのは、FF車を感じさせないことだ。市街地で運転するような速度で走らせていても「ゴルフ」や「Aクラス」とも違うし、国内外の他のFF小型車とも異なる感じだ。かといって、2代目までのFRでもない。長年様々なクルマを運転してきたが、まったく新しい感覚であった。これが「ARB」の効果なのだろう。

シンプルな運転席だが、運転中は体を確かに支えてくれた
シンプルな運転席だが、運転中は体を確かに支えてくれた
FF化により、明らかにゆとりができた後席
FF化により、明らかにゆとりができた後席

 速度を上げていっても、この感覚は変わらない。クルマが運転操作の通りに走る的確さがあり、BMWの狙い通り、運転者の気持ちを満足させてくれる。同時に、FF化によって後席にゆとりができ、弱みだった室内空間も改善された。FFでありながら、FFを感じさせない新型「1シリーズ」は、国内外を含めた小型車のなかで、異彩を放つ存在といえるのではないか。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。
無断転載禁止
1017911 0 インプレッション 2020/01/28 05:20:00 2020/01/28 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200123-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ