読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

市街地、悪路は問わず 使い勝手の良い小型SUV ジープ「レネゲード トレイルホーク」(Vol.592)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「ジープ(Jeep)」は、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のブランドのひとつで、同ブランド中、もっとも小型のSUV(スポーツ用多目的車)が「レネゲード」になる。「ジープ」は、もとは米国クライスラーのブランドで、外観は異なるものの、ヨーロッパなどでは「フィアット500X」として販売されている。今回は、昨年追加された派生グレード「トレイルホーク」に試乗した。

小型ながらも、悪路での運転を満喫できた「トレイルホーク」
小型ながらも、悪路での運転を満喫できた「トレイルホーク」

 直列4気筒のガソリンエンジンは、排気量が1331ccでターボチャージャーを装備し、変速機は9速オートマチックだ。米国では、悪路を本格的に乗りこなすジープ風の外観は好きだが、走行性能はそこそこでかまわないという消費者もいて、「レネゲード」にも前輪の二輪駆動(FF)タイプがある。しかし、「トレイルホーク」は、四輪駆動車(4WD)となっている。

未舗装の悪路でも確かなグリップ力を発揮したタイヤ。いかついトレッドパターンだ
未舗装の悪路でも確かなグリップ力を発揮したタイヤ。いかついトレッドパターンだ

 FFも選べる車種の派生グレードなので、同じジープブランドで排気量が大きい車種「ラングラー」に比べると悪路走破性は劣るのではないか―――試乗前には漠然とそういう印象を持っていた。しかし、未舗装路での走りは想像以上で、満足できる力量だった。

 実際の走行だが、未舗装の急な上り坂をあがる際、ガソリンターボエンジンは毎分1500~2000回転を示し、安定した力を出し続けた。滑りやすい上り坂という難所にもかかわらず、タイヤのグリップに合わせた速度調整が可能なのだ。悪路を走る際は、徐行時の時速20キロくらいで走るため、変速機のギアは1速固定で運転することが多い。変速比の大きい1速の場合、アクセルの踏み込みの、わずかな違いで、タイヤへ伝わる駆動力が大きく変わる。このため、加減速の差が大きくなりすぎて、ぎくしゃくした走りになりがちだ。しかし、「トレイルホーク」ではそういう現象は起きず、滑らかに速度を調整することができ、悪路走行で神経質になりやすい運転者に、気持ちの余裕をもたらしてくれた。

運転席は、コンパクトカーのような印象で操作もしやすい
運転席は、コンパクトカーのような印象で操作もしやすい
座席のクッションは分厚く、悪路の上下動でも体をやさしく保持してくれる
座席のクッションは分厚く、悪路の上下動でも体をやさしく保持してくれる

荷室は、コンパクトカーほどの容量。小旅行や日常の使い勝手で不足はないだろう
荷室は、コンパクトカーほどの容量。小旅行や日常の使い勝手で不足はないだろう

 サスペンションの動きのよさも感じた。左右や前後の凹凸が深く、ひとつ、ふたつのタイヤが浮き気味になるモーグルという路面でも、「トレイルホーク」は着実に前進を続け、途中で走行困難に陥る様子もなかった。

 また、急な下り坂では、「ヒルディセントコントロール」という電子制御機能を使うと、タイヤのグリップ状況に応じて自動的に速度を調整してくれるので、安心して下りきることができた。

 車体サイズが最小というのもメリットだ。木立の中の狭い未舗装路や、路面の一部に岩が出っ張っているカーブを曲がるときでも、車体をこする心配が少ないだけでなく、車両感覚もつかみやすく、運転に集中できた。試乗を続けている間に、滑りやすい泥や岩の部分でさえ運転を楽しめるようになったほどだ。

電子制御により、雪、砂、岩場など路面状況に合わせて、4WDの能力を切り替えることが可能だ
電子制御により、雪、砂、岩場など路面状況に合わせて、4WDの能力を切り替えることが可能だ
未舗装の難コースだったが、スムーズに走り抜けることができた
未舗装の難コースだったが、スムーズに走り抜けることができた

 もちろん、本格的な4WDが欲しいという人は、上級車種「ラングラー」になるだろう。しかし、大型の「ラングラー」に比べ、全長が4.255メートル、全幅1.805メートルと小柄な「レネゲード」であれば、平日の市街地移動はもちろん、休日には郊外へちょっと冒険しに行くという人にとって、大変使い勝手の良い一台だと思う。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。

無断転載・複製を禁じます
1175923 0 インプレッション 2020/04/21 05:20:00 2020/05/13 11:50:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200513-OYT8I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)