読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

進化したイー・パワー、ワンペダル操作で運転者の負担も軽減 日産「キックス」(Vol.601)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日産自動車の小型SUV(スポーツ用多目的車)「キックス」は、同社の「ジューク」に代わり、発売された車種だ。「ジューク」は、日本、北米市場から消えたものの、欧州では販売を継続し、2代目が登場している。欧州の「ジューク」はエンジン車のままだが、「キックス」は、日産独自の「e‐POWER(イー・パワー)」を搭載したハイブリッド車(HV)となった。

「キックス」はHVのみで、外装色と装備品の違いで、二つのグレードがある
「キックス」はHVのみで、外装色と装備品の違いで、二つのグレードがある

 イー・パワーは、小型車「ノート」で採用され、ミニバン「セレナ」に続き、「キックス」が3車種目になる。仕組みとしては、エンジンは発電のみに利用し、走行はモーターで行う。これにより、「イー・パワードライブ」と呼ばれる、アクセルのワンペダル操作による運転も可能になる。

改良された「イー・パワー」は、加速性能だけでなく、静粛性も向上している
改良された「イー・パワー」は、加速性能だけでなく、静粛性も向上している

 「キックス」では、これまでの2車種と比べ、エンジン制御を進化させたほか、エンジンの作動時間の短縮などにより、より静粛で快適な乗り味をもたらしている。実際、市街地の低速走行ではほとんどエンジンが始動せず、時速50キロ以上でやっとエンジンを使うが、騒音が抑えられているのでうっとうしくない。

 シフトをDレンジに入れて発進すると、モーターにより勢いよく動き出す。エンジン車に比べて少ないアクセル操作で十分な加速が得られる。乗り心地は硬すぎることもなく、ハンドル操作も安定している。

 「キックス」には、三つのドライブモードがある。ノーマル、ECO(エコ)、S(スマート)で、Dレンジのまま、エコにすると、まず発進の動き出しが穏やかになる。その後も、市街地走行であれば十分な速力を出してくれるため、日常的にはエコで十分だと思った。スマートは、山道や高速の追い越し時などで使うが、アクセルのワンペダル操作が可能で運転がより楽になる。

ダッシュボードはほぼ水平の造形で、左側の見通しもよく、車幅感覚をつかみやすかった
ダッシュボードはほぼ水平の造形で、左側の見通しもよく、車幅感覚をつかみやすかった
シフトレバー横の「DRIVE MODE」スイッチで、切り替えができる。エコまたはスマートを選ぶとアクセルのワンペダル操作ができる
シフトレバー横の「DRIVE MODE」スイッチで、切り替えができる。エコまたはスマートを選ぶとアクセルのワンペダル操作ができる

 特徴の「イー・パワードライブ」だが、アクセルペダルを踏みこんで加速した後、ゆっくり戻していくと減速する。モーター特有の回生を利用したものだ。アクセルペダルの戻し方に慣れれば、停止線でピタリとクルマを止められるようになる。もちろん、停止線を越えそうになったらブレーキペダルを踏めばよい。慣れると、日常の運転ではブレーキペダルを使用することはなくなり、ペダル踏み替えをしなくて済むようになる。日産の試算では、ペダル踏み替え回数の7割は減らすことができ、うまく運転すれば、9割減も可能という。

荷室はそれほど大きくないが、後席の背もたれを前へ倒すことで容量を増やせる
荷室はそれほど大きくないが、後席の背もたれを前へ倒すことで容量を増やせる
前席は、張りのあるしっかりとした座り心地で、体の支えもよく、運転しやすかった
前席は、張りのあるしっかりとした座り心地で、体の支えもよく、運転しやすかった

カメラ画像で後方を見せるルームミラーは、より高精細な画質となった。後方車両のヘッドライトのまぶしさも抑えてくれる
カメラ画像で後方を見せるルームミラーは、より高精細な画質となった。後方車両のヘッドライトのまぶしさも抑えてくれる

 高齢者によるペダルの踏み間違いや踏み損ないによる事故が後を絶たない。ワンペダル操作を利用すれば、事故の危険性を減らすことにつながる。加えて、センサーで危険を感知し、電子制御による自動減速や停止する装備があれば、より安心だ。

 電気自動車(EV)を含めたクルマの電動化は、環境にやさしいだけでなく、運転する人の負担を減らすとともに、交通事故の被害者を減らすことにも役立つのである。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。
無断転載・複製を禁じます
1462206 0 インプレッション 2020/09/15 05:20:00 2020/09/15 12:24:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200907-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)