コンパクトSUVの魅力が満載 トヨタ「ヤリス クロス」(Vol.604)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車から、新しいSUV(スポーツ用多目的車)「ヤリス クロス」が誕生した。このクルマは、「ヴィッツ」の後継として生まれたコンパクト・ハッチバック車「ヤリス」をベースに開発されている。

シンプルな面構成でグリルも小ぶりだが、存在感のある外観
シンプルな面構成でグリルも小ぶりだが、存在感のある外観

 トヨタは、これまでも「プリウス」をベースに「C‐HR」、カムリから「RAV4」や「ハリアー」といった新型SUVを生み出し、いずれも好評を得た。今回試乗した「ヤリスクロス」も、期待通りのコンパクトSUVであった。

HVは、「ヤリス」と同じ直列3気筒ガソリンエンジンを基にしたシステムを搭載
HVは、「ヤリス」と同じ直列3気筒ガソリンエンジンを基にしたシステムを搭載

 動力源は、ガソリンエンジン車と、それを基にしたハイブリッド車(HV)の2種類がある。ともに二輪の前輪駆動(2WD)と四輪駆動(4WD)を選ぶことができる。今回試乗したのは、HVの2WDと4WD、そしてガソリンエンジン車の2WDであった。いずれも、エンジンは排気量1490ccの直列3気筒である。

 まず、HVの4WDから試乗した。走行性能に定評のある「ヤリス」をベースにしているだけに、手ごたえがしっかりしていて安心感がある。「ヤリス」に比べると、車高の高いSUVではあるが、高いからといって、カーブを曲がる際や、高速道路で車線変更を行う場合にも、車体が傾きすぎる、横揺れで不安定になるということはない。高い目線を除けば、あたかも普通の乗用車を運転しているかのように快適な運転を続けられた。

 2WDも、運転感覚は変わらず、落ち着きのある走りだったが、4WDとは駆動力の伝達具合や車両重量が異なるため、安定した走りに軽快さも加わる。ガソリンエンジン車も2WDの試乗で、HVの2WDに比べ、さらに軽量になるので、いっそう躍動感のある走りを体感した。新型の全体的な仕立ても確かで、質の高さを感じさせた。

コンパクトカーでも電動シートを採用。一つのモーターで座面と背もたれを一緒に調節できるよう工夫されている
コンパクトカーでも電動シートを採用。一つのモーターで座面と背もたれを一緒に調節できるよう工夫されている
運転席の目線は高い。安定した走行なので、安心して運転できる
運転席の目線は高い。安定した走行なので、安心して運転できる

前席にはシートヒーター(一部グレードは注文装備)があり、体がすぐ温まる。寒い日に重宝する
前席にはシートヒーター(一部グレードは注文装備)があり、体がすぐ温まる。寒い日に重宝する

 ただ、トヨタのハイブリッドシステムで直列3気筒ガソリンエンジンを使った方式は「ヤリス」から採用された新しいものであり、従来の直列4気筒エンジンの方式に比べ、3気筒特有の騒音や振動が伝わり、静粛さや上級さの面では劣る感じがした。また、ガソリンエンジン車は、アイドリングストップ機構を備えていないため、停車中もエンジンがかかりっぱなしとなり、ひと時代前のクルマを運転している気分にもなる。環境基準は満たしているとのことだが、振動や騒音、そしてアイドリングストップをしない車という点で、廉価な車種という印象も受ける。

 今回は、舗装路での試乗だったが、HV、ガソリンエンジン車ともに4WD仕様があることから、人工的に滑りやすい路面や、未舗装路を再現した場所での試運転もできた。通常の状態では、4WDといえどもタイヤが空転し、前進できなくなるような場面でも、走行モードのうち、トレイルモード(HVのみに標準装備)やスノーモード(ともに標準装備)を選択すると、前進が可能となり、悪条件を乗り越えられる様子を体験した。

後席もゆとりがあり、快適だった
後席もゆとりがあり、快適だった
後席背もたれと荷室床面の調整パターンが豊富。これは、床面を4割低くした場面。いろいろな荷物が積みやすくなっている
後席背もたれと荷室床面の調整パターンが豊富。これは、床面を4割低くした場面。いろいろな荷物が積みやすくなっている

 前席、後席ともに十分な寸法がありゆったりと着座できる。後席の背もたれは、4:2:4に分割でき、荷物の状況次第で細かく調整できるようになっている。荷室も、床面の高さを2段階で調節でき、6:4で分割し、6割もしくは4割だけ低くすることもできる。積載調整の自由度はかなり高いと思う。荷室の容量自体も十分確保されている。

 車幅が1.7メートルを超えるので3ナンバー車となるが、コンパクトSUVとしての魅力、使い勝手の良さを満載した一台といえる。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。
無断転載・複製を禁じます
1578944 0 インプレッション 2020/10/27 05:20:00 2020/10/27 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201023-OYT8I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ