読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

クルマの運転を楽しみたい人に最適な4ドアクーペ BMW「2シリーズ グランクーペ」(Vol.606)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ドイツ・BMWの「2シリーズ」から新しい車種「グランクーペ」が10月に発売された。同社初の4ドアクーペで、同シリーズには後輪駆動(FR)の「クーペ」(2ドア)というモデルがあり、前輪駆動(FF)と四輪駆動(4WD)の4ドアモデルが加わったことになる。試乗したのは、最上級グレードの「M235i xDrive」である。この新車種は369万円から設定されているが、試乗車は「Mシリーズ」と呼ばれる高性能仕様で、価格は665万円となっている。

試乗した最上級車種「M235i xDrive」の外観
試乗した最上級車種「M235i xDrive」の外観

 最近はSUV(スポーツ用多目的車)の人気が高く、大柄なクルマが多いが、この「グランクーペ」は手ごろな大きさで身近なクルマという印象を受けた。全長4.54、全幅は1.8、全高が1.43(いずれも単位はメートル)であり、車高の低さが身近に感じた理由の一つかもしれない。

一見窮屈そうに見えるが、快適な乗り心地だった後席
一見窮屈そうに見えるが、快適な乗り心地だった後席

 室内空間だが、後席は窮屈ではなく、クーペの外観ながら天井にはくぼみが設けられていて頭上に余裕がある。座席の座り心地もよく、快適に乗っていられる。高性能仕様ということでエンジン回転を上げて走ると排気音が勇ましいが、後席でも騒々しいといった嫌なうるささではなく、運転者と一緒に走りを楽しめるような音色だった。ただ、後ろのドアが小さめで、乗り降りは容易ではなかったが、外観を重視するクーペとしては、納得できる範囲だろう。

 4WDなのだが、FFを基調にした設計のため、前後50対50にこだわるBMW車としては前輪側に重い配分となっている。しかし、違和感はなく、ハンドルに合わせ、思い通りにクルマを操作できる快さがあった。同社は、「1シリーズ」からFFであってもカーブ時の的確な進路を保つため、タイヤの横すべりなどを防ぐ前後輪の統合制御を採り入れている。このため、FFでもFRでもない独特の運転感覚を生み出している。このクルマもこの制御を採用していて、公道を走行している限り、4WDということも意識させなかった。

前席は、からだ全体をしっかり支えてくれる形状となっている
前席は、からだ全体をしっかり支えてくれる形状となっている
BMW車の特徴である運転者を中心に設計された室内
BMW車の特徴である運転者を中心に設計された室内

最高出力が300馬力を超える直列4気筒ガソリンターボエンジン
最高出力が300馬力を超える直列4気筒ガソリンターボエンジン

 搭載されているガソリンエンジンは排気量1998ccの直列4気筒ターボで、最高出力が306馬力に達する。これに、8速オートマチックを組み合わせている。ターボチャージャーによる過給が行われるのだが、どんな回転数からでもアクセルペダルを踏み込むとすぐに応答し、よどみなく速度を上げていく。大排気量の自然吸気エンジンのようであった。環境性能が重視され、排気量が小さくなっていく時代であっても、過給機能をうまく使うことで欲求不満に陥らない出力特性をつくり込めることをこのクルマは教えてくれる。

 もともと300馬力以上の高性能車なので、ドイツのアウトバーンのような高速走行に適応した硬めのサスペンション設定だが、突き上げられるような衝撃はなく、路面の凹凸を巧みにいなして走る感触が快い。

荷室は広くはないが、床下にくぼみを設けるなど容量をできるだけ稼ぐ工夫がされている
荷室は広くはないが、床下にくぼみを設けるなど容量をできるだけ稼ぐ工夫がされている
真横から見ると、クーペらしく屋根が後ろへ絞り込まれている
真横から見ると、クーペらしく屋根が後ろへ絞り込まれている

ホイール内側には、大きなブレーキディスクが収まっている
ホイール内側には、大きなブレーキディスクが収まっている

 運転中とくに印象深かったのは、ブレーキの手応えだった。単純に速度を落とすというだけではなく、締め付けるようにギュッと減速していく様は、レーシングカーのようだ。ブレーキペダルの踏み込み加減で、自在に減速度を調整することができる。ホイールの隙間からのぞくブレーキはディスクが大きく、これなら超高速からでも十分な減速ができるだろうと納得させられた。

 クルマの運転が好きだという人には、一度ぜひ味わってもらいたいと思った。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。
無断転載・複製を禁じます
1641137 0 インプレッション 2020/11/24 05:20:00 2020/11/24 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201119-OYT8I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)