読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

PHVモデルを追加、3気筒エンジンとも相性抜群 ボルボ「XC40リチャージ プラグインハイブリッド T5」(Vol.618)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スウェーデンのボルボ社の小型SUV(スポーツ用多目的車)「XC40」は2018年、日本市場へ導入されると高い人気を得たモデルだ。今回、プラグインハイブリッド車(PHV)が追加された。車名はやや長く、「XC40リチャージ プラグインハイブリッド T5」という。

外観からは、ほとんどガソリンエンジン車との区別はつかない。唯一の違いは、左の前扉の横に200Vの普通充電口が設けられていることだ
外観からは、ほとんどガソリンエンジン車との区別はつかない。唯一の違いは、左の前扉の横に200Vの普通充電口が設けられていることだ

 排気量1476ccの直列3気筒ガソリンターボエンジンに、最高出力60キロワットの永久磁石式同期モーターを組み合わせ、7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)変速機を装備する。駆動方式は前輪駆動(FF)だ。同社の上級車種のPHVが後輪駆動(FR)でモーターを使うのに対し、このクルマはFFでモーター走行を行う。

運転席周りは、これまでのエンジン車と変わらない。シフトレバーはクリスタルガラス製だ
運転席周りは、これまでのエンジン車と変わらない。シフトレバーはクリスタルガラス製だ
北欧の車種らしく、小型SUVでもシートやハンドルにヒーターを装備する(「閉じる」の上に表示あり)
北欧の車種らしく、小型SUVでもシートやハンドルにヒーターを装備する(「閉じる」の上に表示あり)

 走り出すときはモーターを使う。メーター表示でリチウムイオンバッテリーの充電量がゼロとなっていても、モーターを動かす電力だけは残るように設計されている。発進時にエンジンを使うと最も燃費を悪化させるための配慮だ。

 ハイブリッド車(HV)としての走行モードは三つあり、「標準」はハイブリッドで、バッテリーに充電量があれば優先的にモーター走行を続ける。次の「ホールド」は充電量を保持しながら走行するモードで、エンジンとモーターを併用しながら、回生を()かして充電量を減らさないように走る。最後の「チャージ」は、エンジンでの走行を優先し、必要な場合のみモーターも走行に利用する。このモードでは、モーターは主に発電機としての利用でバッテリーへの充電を行う。

直列3気筒のターボエンジンは、振動や騒音がうまく抑えられ、ハイブリッド走行での快適さにつながっている
直列3気筒のターボエンジンは、振動や騒音がうまく抑えられ、ハイブリッド走行での快適さにつながっている

 例えば、高速道路を流れに乗って走行している状況では「チャージ」を使い、エンジンが低い回転数のままで速度を維持できるので燃費は良い上、高速道路を降りて市街地でのモーター走行用に充電しておくといった利用が最適だろう。

 エンジン主体の走行でも十分な力を発揮し、加速に不満はない。また、軽自動車や小型車などで採用例の多い直列3気筒エンジンだが、ボルボのクルマではほとんど3気筒特有の振動や騒音を実感することがなく、快適だ。加速の際には変速機が作動するが、デュアルクラッチのため変速も滑らかで、モーター走行とも大きな差がなく、好ましい。

張りのあるしっかりとした造りの後部座席
張りのあるしっかりとした造りの後部座席
十分なサイズがあり、疲れにくい座席構造の前席
十分なサイズがあり、疲れにくい座席構造の前席

 一方、変速機があるからか、回生を利用して減速するものの、停車する直前あたりで減速度合が鈍ることが数回あった。最後にスッとクルマが前へ進んでしまう様子となり、慌ててブレーキペダルを強めに踏んだ。回生および摩擦ブレーキによる減速、変速機のギア設定などが絡み、速度が低くなったところでの相互制御が難しいのかもしれない。

荷室は、小型SUVとして十分な容量がある
荷室は、小型SUVとして十分な容量がある

 それ以外は、市街でも高速道路でもいたって快適に走り、小型SUVといえども上質さを感じさせた。ただ、価格は649万円と小型SUVとしては高価で、XC40の廉価車種(HV)に比べて240万円も高くなっている。もちろん、好みなどもあるが、今秋にも発売される同社の電気自動車(EV)の価格と比べてから判断するというのもありかなと思う。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。

無断転載・複製を禁じます
2058845 0 インプレッション 2021/05/18 05:20:00 2021/05/18 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)