読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小型プレミアムモデルという持ち味 アウディ「A3」(Vol.624)

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ドイツ・アウディの小型車「A3」は1997年から日本で発売され、初代からフォルクスワーゲン(VW)の小型車「ゴルフ」と基本的な機構は共有しながら、より上級車種の雰囲気をもたらす外観や装備をつけたプレミアムモデルとして販売されてきた。

装備が充実した特別仕様の4ドアセダンは、車格がひとつ上の「A4」かと思うほどだ。小ぶりな直列3気筒エンジンの走りは軽快だった
装備が充実した特別仕様の4ドアセダンは、車格がひとつ上の「A4」かと思うほどだ。小ぶりな直列3気筒エンジンの走りは軽快だった

 4代目となる「A3」は、新型「ゴルフ」と比べると全長、全幅ともに大きく、車高は逆に低く、より 精悍(せいかん) な印象を与えるなど外観は異なるが、基本的な構造の共有は変わらない。

エンジンは新型「ゴルフ」と同じだが、直列3気筒エンジン特有の振動や騒音は感じなかった
エンジンは新型「ゴルフ」と同じだが、直列3気筒エンジン特有の振動や騒音は感じなかった

 エンジンは、排気量が999ccの直列3気筒ガソリン直噴ターボと、よりスポーティーな仕様のモデル「S3」に搭載される1984ccの直列4気筒ガソリン直噴ターボの2種類がある。前者のエンジンは新型「ゴルフ」と共通だ。

 試乗した直列3気筒エンジン車は、4ドアセダンのファーストエディションと名付けられた、発売当初の特別仕様だ。標準でつく装備が充実しているため、上級車種「A4」と見間違うくらい立派な4ドアセダンに見える。

VWグループの中でもプレミアムブランドのアウディだけあって、「ゴルフ」に比べ上級の内装が施されている
VWグループの中でもプレミアムブランドのアウディだけあって、「ゴルフ」に比べ上級の内装が施されている
硬すぎない座席の座り心地は快適で、体もきちんと支えてくれた
硬すぎない座席の座り心地は快適で、体もきちんと支えてくれた

 アクセルを踏んで走りだすと、「ゴルフ」と同じように軽快に走った。直列3気筒エンジン特有の振動や騒音もほぼ感じさせない。少し強い加速をさせたときに一度だけ振動が伝わったが、それ以外は全く問題のない走り味だ。実際、運転しているのが3気筒か4気筒か悩んだほどだった。ただ、振動については、同じ仕様の別の「A3」を運転したときには、強い加速をさせても感じなかったので、先の振動は個体差によるものかもしれない。

後席は、車高が低い分、座面の位置が低くなっている気がした。個人差はあるが、好き嫌いは出るかもしれない
後席は、車高が低い分、座面の位置が低くなっている気がした。個人差はあるが、好き嫌いは出るかもしれない
荷室は奥行きがあり、後席の背もたれを前方に倒して広げることもできる
荷室は奥行きがあり、後席の背もたれを前方に倒して広げることもできる

 試乗は、山間の屈曲路を中心としたコースで、市街地よりも負荷がかかる走行環境だったが、3気筒の「A3」は十分な力を発揮し、よく走った。きついカーブでハンドルを切ったときには、切れ味よく曲がり、前輪駆動車でありながらクルマとの一体感を覚えたほどだ。

「S3 スポーツバック」は強力なエンジンと四輪駆動の組み合わせで、国内では持て余すほどの高性能車だ
「S3 スポーツバック」は強力なエンジンと四輪駆動の組み合わせで、国内では持て余すほどの高性能車だ

 4気筒の「S3」のスポーツバック・ファーストエディションは、排気量が3気筒の約2倍で、最高出力は3倍近い310馬力あり、高性能車の乗り味だ。アウディが得意とする四輪駆動のクワトロでもあった。

 アクセルペダルを軽く踏み込むだけで素早く速度を上げ、試しに床まで踏みつけると景色が飛び去るような猛烈な速度になった。それでもタイヤはしっかり路面に食いつき、不安はまったくない。高性能エンジンの (だい)() 味を存分に味わいながら、運転を楽しむことができた。ただ、日本の道路事情では、持て余すほどの高性能かもしれない。

 アウディは、VWグループの中でもプレミアムな乗用車ブランドだ。環境性能を意識した小ぶりの排気量エンジンのセダンも、高性能を前面に打ち出したスポーツバックも、どちらも「ゴルフ」とは違う上級車としての持ち味があった。

御堀 直嗣
プロフィル
御堀 直嗣( みほり・なおつぐ
 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員等を務める。EV等にも詳しい。乗馬などを楽しむアクティブ派でもある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2367956 0 インプレッション 2021/09/21 05:20:00 2021/09/21 15:20:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210913-OYT8I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)