[ランキング]予防安全性能 4車種が満点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト 原田タカオ
イラスト 原田タカオ

 国土交通省などが実施した2019年度の「自動車アセスメント」で、自動車事故を未然に防ぐ「予防安全性能評価」は、トヨタ自動車のミニバン「アルファード」(兄弟車「ヴェルファイア」を含む)など4車種が満点を獲得し、首位となった。

 自動車アセスメントは、車選びの参考にしてもらうために毎年行われている。ほかに満点だったのは、日産自動車のミニバン「セレナ」(相手先ブランドによる生産のスズキ「ランディ」を含む)と、トヨタの高級車ブランド「レクサス」のスポーツ用多目的車(SUV)「NX」と「UX」だった。

 新型車や各メーカーが評価を希望した車など計16車種について、衝突被害軽減ブレーキや、アクセルを踏み間違えた時の加速抑制機能など、8項目を計141点満点で評価した。4車種は、「夜間、街灯なし、前方に歩行者がいる状況で衝突被害軽減ブレーキが性能を発揮するか」などの全項目で最高点だった。

 一方、人や物にぶつかった際のドライバーや歩行者に対する安全性をみる「衝突安全性能評価」(100点満点)では、対象の12車種中、トヨタのSUV「RAV4」(88・9点)が首位で、ホンダの軽自動車「エヌワゴン」(88・7点)が続いた。

無断転載・複製を禁じます
1279960 0 ニュース 2020/06/20 15:30:00 2020/06/20 15:30:00 2020/06/20 15:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200615-OYT8I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ