[試乗記]天井に窓 ワイルドな「相棒」 ダイハツ 「タフト」で勝負

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ダイハツ工業が6月、スポーツ用多目的車(SUV)タイプの新型軽自動車「タフト」を発売した。直線を基調とした力強い外観や、天井に備えた大きなガラス窓で、独特の存在感を放っている。軽ならではの小回りの良さも健在で、市街地から郊外まで快適に走り抜く一台に仕上がった。(寺田航)

ダイハツの新型軽SUV「タフト」
ダイハツの新型軽SUV「タフト」

武骨な外観

天井の大きなガラス窓が開放感を演出
天井の大きなガラス窓が開放感を演出

 「日常からレジャーまで活躍し、毎日を楽しくしてくれる相棒」をテーマに、車名は「Tough&Almighty Fun Tool」の頭文字(TAFT)を組み合わせた。1974年に発売したジープ型の普通車と同じ車名だが、今回のタフトは全く異なる規格だ。

 開発には独自の生産技術「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用した。部品のうち7~8割を他の車種と共通化し、生産コストを抑える手法だ。昨年11月に発売した小型SUV「ロッキー」に続き、人気が高まるSUVタイプのラインアップを増やした。

 車体を眺めると、四角ばった外観に目を引かれる。太いピラー(柱)、前後のバンパーは直線的で、ヘッドライトも角形と徹底している。タイヤも軽では最大級だ。小さいながらもSUVらしい武骨な印象を与える。

開放感を演出

 運転席に乗り込んで驚いたのは、天井に取り付けられた大きなガラス窓「スカイフィールトップ」。全モデルに標準装備しており、開放感を演出する。ガラスには紫外線や赤外線対策も施されている。日差しが強い場合は、シェード(日よけ)を閉めることもできる。

荷室の底板を上げれば、大きな荷物も収納できる
荷室の底板を上げれば、大きな荷物も収納できる
後席は足元に余裕がある
後席は足元に余裕がある

 ダッシュボードなど内装のデザインも、外装と同様に直線基調だ。前後席の間隔は90センチあり、足元には余裕がある。後席を倒すと、背もたれ部分と荷室との段差がなくなるため、広々と使える。

 アクセルを踏み込むと、ゆったりと加速した。市街地でも砂利道でも、安定感は十分で、振動はほとんど気にならない。電動パーキングブレーキは、一般的な足踏み式ではなく、指先で操作できるスイッチタイプだ。アクセルを踏めば自動的に解除してくれる。

牙城に挑戦

 堅調な売れ行きが続く軽だが、最近はSUVタイプのシェア(占有率)が高まっている。中でもスズキの「ハスラー」は、使い勝手の良さを武器に、軽SUV市場では「独り勝ち状態」(自動車大手関係者)だ。

 三菱自動車も「eKクロス」を投入するなど、各メーカーはハスラーの牙城を崩そうと躍起になっている。ダイハツは98~2012年に軽SUV「テリオスキッド」を販売しており、今回は8年ぶりの再挑戦。激戦の市場でどこまで支持を得られるか注目だ。

人気の軽SUV 差別化狙う

開発責任者の小村明紀氏(ダイハツ提供)
開発責任者の小村明紀氏(ダイハツ提供)

 ダイハツ工業製品企画部の小村明紀・チーフエンジニアに、タフト投入の狙いを聞いた。

 ――投入の理由は。
 「軽SUVは、経済性や安全性、扱いやすさなどの点から人気が高まっている。将来的に成長が見込める分野だ。『スカイフィールトップ』などの特徴を前面に出し、ライバル車と差別化していきたい」

 ――想定ユーザーは。
 「日常にもレジャーにも使える車なので、幅広い層に乗ってほしいが、主なユーザーとしては活動的な20~30歳代の男性を想定している」

 ――新型コロナウイルスの影響は。
 「生産や物流などに影響が出たものの、結果的には計画通りの発売にこぎ着けることができた。部品調達も難しかったが、コロナ禍でも車を必要とする人はいるため、あえてこのタイミングで出したかった」

 ――今後の開発方針は。
 「多くの会社で『リモート』で働く環境が浸透している。このため、インターネットとつながる『コネクテッドカー』への関心が高まっていくと予想され、開発の現場でも対応していきたい」

無断転載・複製を禁じます
1338833 0 ニュース 2020/07/18 15:35:00 2020/07/18 15:35:00 2020/07/18 15:35:00 ダイハツが新たに発売した新型の軽SUV「タフト」(大阪府池田市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200713-OYT8I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ