読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[Q&A]タイヤに使用期限ある?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト 原田タカオ
イラスト 原田タカオ

  車のタイヤには使用期限はあるのでしょうか。(大阪 渡辺さん)

  一般的に、路面との接点となる「トレッド」の溝がなくなったら、タイヤの交換時期だということが、広く知られています。タイヤの側面に、溝の深さの限界の目安となる「スリップサイン」の位置が示されており、それを頼りにトレッド面を観察すると、限界を知ることができます。スリップサインとトレッド面が同一になったら、交換時期です。

 年間の走行距離が短く、何年たってもなかなかスリップサインの目安まで溝が減らないと、そのまま使い続けることになると思います。しかし、タイヤ全体の劣化は進むため交換の必要が生じます。目安は、タイヤ側面のゴムに細かなひび割れが生じたときです。

 タイヤは、定期的にクルマが走ることによって回転し、車両重量がかかることでたわみ、それによってゴムに含まれる油分が全体の弾力を保っています。長い間クルマを走らせないと、タイヤの油分が全体に行き渡らずに乾燥し、紫外線の影響もあって劣化し、ひび割れを起こします。パンクしていなくても空気が抜けたり、タイヤ全体が破損したりする懸念もありますので、交換した方が安全です。

 タイヤメーカーは、5年を経過したらタイヤ専門店や整備工場などで交換が必要かを点検してもらうことや、製造後10年を経た場合は交換することを推奨しています。(自動車ジャーナリスト 御堀直嗣)

無断転載・複製を禁じます
1477735 0 ニュース 2020/09/19 15:30:00 2020/09/15 17:16:42 2020/09/15 17:16:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200914-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)