読売新聞オンライン

メニュー

[ランキング]燃費 トヨタが1~5位

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イラスト 原田タカオ
イラスト 原田タカオ

 国土交通省が発表した乗用車の燃費ランキング(2020年末時点)によると、普通・小型車で最も燃費が良かったのは、トヨタ自動車の小型車「ヤリス」だった。ハイブリッド車(HV)技術に強みを持つトヨタが1~5位を占めた。

 ヤリスの燃費は、ガソリン1リットルあたり36・0キロ・メートル。「ヴィッツ」の後継車で、20年2月の新型車投入を機に名称を変更した。新たに開発したエンジンとハイブリッドシステムによって燃費を向上させた。

 前年まで5年連続で首位だった「プリウス」は32・1キロ・メートルで2位。「ヤリスクロス」、「カローラスポーツ」、「アクア」が続いた。6位に日産自動車の「ノート」、7位にホンダの「フィット」が入った。

 従来は燃費を「JC08モード」で測定してきたが、今回からより実態に近いとされる「WLTCモード」で測定した。このため、数値は前年に比べて1~2割程度下がった。

 軽自動車で最も燃費が良かったのはスズキの「アルト」とマツダの「キャロル」で、いずれも25・8キロ・メートル。3位にはスズキの「ワゴンR」と「アルトラパン」、マツダの「フレア」の3車種が入った。

無断転載・複製を禁じます
1981622 0 ニュース 2021/04/17 15:30:00 2021/04/19 09:37:24 2021/04/19 09:37:24 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210412-OYT8I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)