読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[Q&A]ガソリン車に軽油を入れたら?

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

   ガソリン車に軽油を給油してしまったらどうなりますか。(千葉 吉野さん)

   結論から言えば、走行速度が上がらず、故障につながる可能性があります。

イラスト 原田タカオ
イラスト 原田タカオ

 先日、ガソリンスタンドで軽油を間違えて給油されてしまった人から話を聞きました。「給油だけお願いします」と頼んだのに、「軽油だけお願いします」と、従業員が聞き間違えたようです。半分ほど残っていたガソリンと軽油が混ざった状態で少し走りだしたところ、まず加速しなくなり、ゆっくりとした速度でしか走れず、排気から煙が立ち上ったそうです。

 修理工場で点検したところ、エンジン内部は壊れていなかったようですが、燃料系統と、排ガスを浄化する触媒は交換する必要がありました。燃料系統の部品は、燃料タンクはもちろん、そこからエンジンまでの圧送ポンプや配管、さらにエンジンに燃料を供給する燃料噴射装置など、多岐にわたります。排ガス浄化の触媒は貴金属を使っているので高額になります。

 軽油はガソリンに比べて揮発性が低く燃えにくいため、ディーゼルエンジンとは燃焼の仕組みが違うガソリンエンジンでは加速が鈍り、燃え切らない燃料が煙となって排出されます。燃料の粘性もガソリンと異なりますから、燃料噴射も適正に行えません。万一間違えて給油したら、走らずにタンクから全て抜き取れば、損害は限定的になる可能性があります。(自動車ジャーナリスト 御堀直嗣)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2204805 0 ニュース 2021/07/17 15:30:00 2021/07/19 09:47:02 2021/07/19 09:47:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210712-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)