読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[試乗記]小回り利き IT機能充実…メルセデス・ベンツ SUVのEV「EQA」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 メルセデス・ベンツが新型電気自動車(EV)の「EQA」を国内で発売した。小型スポーツ用多目的車(SUV)で、安定感ある走りを楽しめる。日本のような狭い道路事情に適した取り回しの良さが特徴だ。(下里雅臣)

メルセデス・ベンツSUVのEV「EQA」
メルセデス・ベンツSUVのEV「EQA」

EQCより小型

 メルセデスはEVブランドとして「EQ」シリーズを展開している。日本ではSUVの「EQC」に続く第2弾として、一回り小さいEQAが投入された。

 クーペのような曲線を取り入れた都会的な外観が目を引く。メルセデスのエンブレムが埋め込まれたフロントグリルは、 つや のあるブラックパネルで仕上げ、吸気口が不要なEVならではのデザインだ。パネル上部には左右のヘッドランプにつながる白色LEDが横に伸び、アクセントを加えている。

 フル充電時の走行距離は約420キロ。通勤や買い物はもちろん、近場の日帰りドライブならば、外出先で充電をせずに済みそうだ。

安定感と危険回避

フラットなディスプレーはひさしがなくてもくっきり見える
フラットなディスプレーはひさしがなくてもくっきり見える
後部座席を倒せば、大きな荷物も積み込める
後部座席を倒せば、大きな荷物も積み込める

 都内で試乗した。座席位置は高めで、かがまずに乗り降りできる。運転席の前には、計器類やカーナビなどの情報を表示する2枚のディスプレーパネルがある。助手席前のパネルにはバックライトが付いており、64色から好きな色に変えられる。

 アクセルを踏むと、静かに加速した。他社のEVと異なり、加速力を前面に出していない。「ガソリン車から乗り換えても違和感のないよう、乗り味を調節している」(広報)という。車両前部のモーターは低めに搭載しており、振動や音が車内に伝わりにくい。大型電池を車両下部に置いて重心が低く、ハンドルを切った時の安定感も頼もしかった。

 街乗りペースの走行では上質な乗り心地が楽しめる。坂道や先行車の追い抜きにアクセルを踏み込めば、力強く反応してくれる。小回りがきき、道幅が狭い道でも不安はない。

 前を横切る車両や歩行者を検知すると、警告音を鳴らして衝突を回避する機能を装備している。死角に自転車などがある場合に、ドライバーに知らせる装置も役立ちそうだ。それでも、発進や駐車は注意が必要だ。

乗り味切り替え

 ドライブモードを選んで、乗り味も変えられる。通常の「コンフォート」から「スポーツ」に切り替えると、アクセルの反応が良くなり、山道などの運転に適している。バッテリー残量が減った時に「エコ」にすれば、走行距離を伸ばせる。加速力の細かい設定が可能な「インディビジュアル」もある。

 ハンドルから手を離さずに、呼びかければ様々な機能につながるシステムもある。「充電ステーションを探して」と伝えると、カーナビ上に充電ステーションの位置情報が表示される。車外からスマートフォンで空調の操作も可能だ。

 メルセデス、EV、SUVという話題の要素がそろった新型車。都会的で洗練されたデザインと、最新のIT機能を盛り込んでおり、日本市場でどれだけ受け入れられるのか、注目されそうだ。

ガソリン車改良で低コスト化を図る

 日本の自動車大手が販売している電気自動車(EV)は、日産自動車の「リーフ」や、ホンダの「Honda イー 」のように専用車として開発されたものが多い。EQAは既存のモデルを改良した。

 開発のベースとなったのは、国内でもガソリン車として販売しているSUV「GLA」だ。車台が共通で、デザイン上もヘッドライトやフロントグリルの印象は異なるが、ほかはよく似ている。

 動力系はEQAが電池とモーターを利用するのに対し、GLAはガソリン・軽油のエンジンと変速機だ。それ以外ではできるだけ共通部品を使い、コスト削減を図った。新型車の開発費は「1モデル数百億円」ともいわれており、費用を抑えてEVの普及を後押しする狙いもある。

 日本勢では、マツダがSUV「MX―30」で、EVとマイルドハイブリッドモデルのいずれも販売するなど、同様の取り組みを進めている。ガソリン車などの内燃機関を使うモデルとEVの共通化を進める場合は、どこまで細やかな調整を行えるかで実力が問われそうだ。

 脱炭素に向けた環境規制は、国内外でますます強まりそうだ。欧州連合(EU)は、2035年からハイブリッド車(HV)を含むガソリン車の販売を禁止する方針だ。自動車各社はEVを強化する戦略を立てており、性能と価格で、どこまで競合に差をつけられるかが重要になる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2291461 0 ニュース 2021/08/21 15:35:00 2021/08/23 10:13:23 2021/08/23 10:13:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210816-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)