モーターショー会場訪問(1)日産自動車(動画あり)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第46回東京モーターショーが24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)をメイン会場に開幕する。約180の企業・団体が出展する2年に1度の「クルマの祭典」だ。主なメーカーの会場ブース展示を中心に紹介する。

2種類の違うタイプのEVなどを展示

「アリア コンセプト」の外観
「アリア コンセプト」の外観
同車の運転席(日産自動車提供)
同車の運転席(日産自動車提供)
小型EVの「IMk」
小型EVの「IMk」

 日産自動車の会場で目立つのは、初披露された「アリア コンセプト」「IMk」だ。どちらも電気自動車(EV)で、「アリア」は、SUV(スポーツ用多目的車)のうち都市部での快適な走行を重視した「クロスオーバー」タイプになる。運転支援システム「プロパイロット2.0」 が搭載されているほか、前後輪に電動モーターを配置したツインモーター四輪制御システムを採用している。一方の「IMk」は、小型EVで、進化した軽自動車のイメージだ。

 壇上の背後には、日本の四季を映し出すスクリーンがあるが、どちらもデザイン的には「伝統的な日本のテイスト」を意識し、内外装の様々な部分に取り入れているという。

無断転載・複製を禁じます
859960 0 東京モーターショー2019 2019/10/23 17:00:00 2020/02/25 15:26:18 2020/02/25 15:26:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191023-OYT8I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ