読売新聞オンライン

メニュー

佐藤琢磨、2度目のインディ500制覇…ホンダ社長が祝辞

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米国伝統の自動車レース、第104回インディアナポリス500マイル(インディ500)は23日、インディアナポリス・モータースピードウェー(1周2・5マイル、200周=計約800キロ)で決勝が行われ、佐藤琢磨(43)(ホンダ)が、日本人初優勝を飾った2017年以来、2度目の優勝を飾った。

 1911年に初開催されたインディ500で、複数回優勝したのは、佐藤で20人目となる。

 ホンダのエンジンの優勝は3年ぶり、13勝目となる。ホンダの八郷隆弘社長は「このニュースが、新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く世の中にとって明るい話題となることを願います。琢磨選手、本当におめでとう」とのコメントを発表した。

無断転載・複製を禁じます
1430032 0 トピックス 2020/08/24 12:10:00 2020/08/24 12:50:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)