読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「羽田空港」運用変更から1年、パイロットから見える景色はどう変わった?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 羽田空港の運用方式が2020年に大きく変更され、3月末で1年が経過しました。羽田空港の機能強化が目的で、発着可能回数が増え、より多くの便が羽田空港を利用できるようになりました。特に注目が集まったのは、東京都心の上空が空港への進入経路に設定されたことです。羽田空港への帰投の際に、管制官から滑走路16Rを指定され、新宿、渋谷、目黒駅や大井競馬場の上空を通って着陸しました。その時の景色をご覧ください。

 

新しい進入方式が運用される条件は?

 都心上空を飛行する進入経路が運用されるのは、南風の日の午後3時から7時の間の3時間程度です。その時の着陸滑走路は、大阪や福岡など西日本からの到着便は16L、北海道など北日本からの到着便は16Rを基本として管制官から指定されます。

 また、各滑走路に対し、好天時にはGPSと気圧高度を利用して進入する「RNAV進入方式」が、悪天候時には飛行場内から発出される水平および垂直方向の電波の誘導に従って進入する「ILS進入方式」が設定されます。

進入角が高くなった…滑走路16L/16RへのRNAV進入

 運用方式の変更に伴って、騒音軽減を目的とした高角度の進入方式が国内で初めて設定されました。この進入方式は好天時に行われ、公示された進入方式を航空機のシステムに入力し、GPSと気圧高度の組み合わせで約3・45度の角度で進入します。

 一方、悪天の南風運用時や北風運用時、また他空港での一般的な進入角度は3度で、比較すると0・45度高くなっています。

最終進入開始点「RIPOD」(中野駅付近)を高度3800フィート(約1200m)で通過し方位157度、3.45度の降下角で、滑走路16Rに進入する方式(国土交通省航空局発行 航空路誌より)
最終進入開始点「RIPOD」(中野駅付近)を高度3800フィート(約1200m)で通過し方位157度、3.45度の降下角で、滑走路16Rに進入する方式(国土交通省航空局発行 航空路誌より)

 私たちはふだん、「決心高度」(この高度で進入灯など地上の物標が見えない場合、進入をやり直す)までは航空機のシステムのガイダンスに従い、オートパイロットを使用して高角度の進入を行っています。そして、決心高度以降は、マニュアル操縦で適切な3度の進入角にして着陸しています。そのため、決心高度以降は、適切な降下率と速度のコントロールに気を付けて着陸操作を行っています。

進入角の目安を決めるPAPI

 映像では光の影響で見えませんが、着陸滑走路の接地点付近の左側には、四つの灯火が並列に設置されており、航空機の進入角度によって白または赤に見え方が変わります。進入角指示灯(PAPI)といい、滑走路進入端に至るまで正確な進入角を提供するため、操縦士は着陸の際に進入角の目安として使用しています。一般的な進入角の3度で進入している場合は外側の二つの灯火が白、内側の二つが赤に見えます。

AIM-JAPAN(日本航空機操縦士協会発行)より
AIM-JAPAN(日本航空機操縦士協会発行)より

 滑走路16L及び16RへのRNAV進入は、進入角が3.45度で設定されており、この場合、外側の三つが白、内側の一つが赤に表示されます。ただ、3.45度という進入角の設定は、気温が15℃の時を想定しており、実際の高度は気温によって少し変わります。

 飛行場で観測された気圧の値を高度計に合わせると、平均海面からの高度が示されるのですが、実際の高度は、空気密度の膨張・収縮により、暑い時期は高度計の表示より高く、逆に寒い時期は低くなります。夏場、実際の進入角は3.45度より高くなり、PAPIの表示が四つとも白く見えることもあり、着陸の際にはより注意が必要です。

 この運用方式が設定されて1年が経過し、特に問題なく運用されていると思います。開始前は「羽田は世界でいちばん危険な空港になる」と言う専門家がいました。理由の一つとして、着陸操作の難しさが挙げられました。

 私たちが運航している飛行機は大型旅客機よりかなり小さく、安易に比較はできませんが、この運用方式で難しいと感じたことはありません。RNAV進入方式は、好天時の運用なので進入中の早い段階で滑走路を視認でき、安心して着陸の操作へ移行できます。一方、天気が悪い時には電波によるILS進入が指定されるからです。

 今後また、航空機の運航方式の変更があるかもしれませんが、安全で効率的な航空取材のため、適時適切に対応できるよう常に準備をしておきたいと思います。(航空部・鈴木浩亮)

無断転載・複製を禁じます
1974093 0 操縦席からの景色 2021/04/09 17:15:00 2021/04/09 18:13:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/サムネ大井競馬場02.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)