読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

博物館の「レトロ車両」がシェアオフィスに…電源やWi―Fi完備

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東急電鉄は運営する「電車とバスの博物館」(川崎市)のレトロな車両などでテレワークができるシェアオフィスをオープンした。コロナ禍で利用が減った施設を有効活用しながら、乗客数の低迷による運賃収入の減少分も補いたい考えだ。

東急電鉄のシェアオフィスは、レトロな電車でテレワークができる
東急電鉄のシェアオフィスは、レトロな電車でテレワークができる

 館内に展示している昭和初期の電車「モハ510形」や戦後初の国産旅客機「YS―11」の内部を改装し、電源やWi―Fi(ワイファイ)を設置した。座席は計29席で、料金は1時間200円(1日最大1000円)とした。

 コロナ禍でテレワークは急速に普及したが、博物館のある住宅街などはシェアオフィスが不足しており、鉄道ファン以外の需要も開拓できると判断した。利用者が減っている武蔵小杉駅(川崎市)と長津田駅(横浜市)の定期券売り場もシェアオフィスに改装した。

 運輸計画課の沢口俊彦主事は「沿線住民の需要に合わせたサービスを提供したい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2294263 0 鉄道ニュース 2021/08/11 05:00:00 2021/08/18 12:40:12 東急電鉄が開業したシェアオフィス。過去に使われていた列車内でテレワークができる(川崎市宮前区で)=中西梓撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210817-OYT8I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)