読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鉄道総合技術研究所の車両試験装置が機械遺産に認定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鉄道技術の研究・開発をする東京都国分寺市の「鉄道総合技術研究所」(鉄道総研)内にあり、高速走行を再現する車両試験装置が、今年度の「機械遺産」に認定された。

機械遺産に認定された、高速走行を再現する車両試験装置
機械遺産に認定された、高速走行を再現する車両試験装置

 この装置は、列車1両分程度の大きさで、1959年に開発された。装置に取り付けられた円盤型の「軌条輪」に、車両の車輪を載せて回転させると、その場で高速走行を再現できるもので、新幹線の開発にも貢献した。車両は時速250キロ、台車のみなら時速350キロまで速度を出すことが可能。上下に振動する機能もあり、走行時の乗り心地も確認できる。

機械遺産に認定された車両試験装置で試験する「951形」(写真はいずれも鉄道総研提供)
機械遺産に認定された車両試験装置で試験する「951形」(写真はいずれも鉄道総研提供)

 旧国鉄は当時、鉄道の高速化を進めていたが、国内には高速走行に対応できるレール幅の線路がほとんどなかった。64年に開業した東海道新幹線用の試作台車の試験にこの装置が活用されたほか、山陽新幹線用の試験車両「951形」での試験も行われた。様々な車両開発に貢献した実績が評価され、今回の認定に至った。

 今も装置は現役で、電車のモーターを制御する「インバーター」など、電気機器の性能試験に使われている。鉄道総研は「今後も革新的な技術を創出し、鉄道の発展に貢献したい」としている。

機械遺産  一般社団法人「日本機械学会」(新宿区)が、歴史的に価値のある機械・技術を次世代に残す目的で2007年度から毎年認定している。これまでに113件認定され、10年度には練馬区にあった遊園地「としまえん」の回転木馬「カルーセル エルドラド」も選ばれた。
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2342017 0 鉄道ニュース 2021/09/05 12:30:00 2021/09/05 12:30:00 機械遺産に認定された車両試験装置の上に載る「951形」(鉄道総研提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210905-OYT8I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)