読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「スーパーはつかり」19年ぶり運行…青森―盛岡間開業130周年で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 かつてJR東北線の区間だった青森―盛岡間を走っていた特急「スーパーはつかり」が4日、特別運行され、鉄道ファンらが一日限りの列車の旅を楽しんだ。同区間で運行されるのは19年ぶり。

 スーパーはつかりは2000年に運行開始。02年に東北新幹線が八戸まで延伸したことで役割を終えた。

19年ぶりに運行された「スーパーはつかり」(4日、JR青森駅で)
19年ぶりに運行された「スーパーはつかり」(4日、JR青森駅で)

 特別運行は、同区間が開業130周年を迎えたのを記念したもの。青森駅のホームには、午前11時11分の出発を前に多くの人が訪れた。

 埼玉県の会社員(27)は父親が青森出身。「小さい頃に乗って帰省したこともある。きょうは昔の思い出に浸りながら楽しみたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2342024 0 鉄道ニュース 2021/09/05 05:00:00 2021/09/05 05:00:00 19年ぶりに運行した特急列車「スーパーはつかり」(4日午前10時53分、青森市で)=水野一希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210905-OYT8I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)