読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

線路安全の“守護神マヤ”…出動日時・場所は非公表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 5月22日深夜から23日未明にかけて、福岡県の直方市と行橋市を結ぶ平成筑豊鉄道を、JR九州から借り受けたレール検査用の列車が走った。

深夜、線路を照らしながら走り、ゆがみなどチェックする高速軌道検測車(5月22日深夜、福岡県直方市で)=木佐貫冬星撮影
深夜、線路を照らしながら走り、ゆがみなどチェックする高速軌道検測車(5月22日深夜、福岡県直方市で)=木佐貫冬星撮影

 「マヤ」と呼ばれる高速軌道検測車で、青い車体に黄色のラインが2本入っている。JR九州は、この列車で自社の路線のゆがみや左右のバランスを調べるほか、同鉄道など第3セクターにも貸し出している。ただ、運転の日時や場所は公表されておらず、なかなか見ることのできない列車だ。


ディーゼル機関車に引かれる「マヤ」こと高速軌道検測車(5月23日未明、福岡県福智町で)
ディーゼル機関車に引かれる「マヤ」こと高速軌道検測車(5月23日未明、福岡県福智町で)

 マヤは今回、ディーゼル機関車2両に挟まれ、直方駅を出発。暗闇の中、車両下のライトでレールを照らしながら伊田、糸田、田川の全3線を走り抜けた。 金田(かなだ) 駅(福智町)には独自に情報を入手した鉄道ファンが駆けつけ、停車中、盛んにシャッターを切っていた。


無断転載・複製を禁じます
2090703 0 2021/06/01 10:00:00 2021/06/01 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210531-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)