読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

標高450メートル、由布院盆地は朝霧の名所…田園地帯が幻想的な雰囲気に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR久大線が走る標高450メートルの由布院盆地(大分県由布市)は、朝霧の名所として知られる。

立ちこめる霧の中を久大線の列車が進む(11月5日、大分県由布市で)=木佐貫冬星撮影
立ちこめる霧の中を久大線の列車が進む(11月5日、大分県由布市で)=木佐貫冬星撮影

 由布市によると、前日との寒暖差が激しく、冷え込んだ朝に見られる。由布院盆地の観光スポット「 金鱗湖(きんりんこ) 」や川の水温が高く、立ち上る水蒸気が霧になるという。

由布岳をバックに走る特急「ゆふいんの森」(大分県由布市で)
由布岳をバックに走る特急「ゆふいんの森」(大分県由布市で)

 11月5日朝、高台から見える由布岳の周辺はうっすらと霧が立ちこめていた。田園地帯が幻想的な雰囲気に包まれる中、赤い列車が駆け抜けていった。

 JR久大線は今回で終わります。JR久大線の動画は こちら 。次に紹介するのはJR唐津線(佐賀県)で、随時公開します。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2576286 0 2021/12/07 10:00:00 2021/12/07 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)