九州豪雨で被災の観光鍾乳洞「球泉洞」、1年9か月ぶり再開

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年7月の九州豪雨で被災した熊本県球磨村の観光鍾乳洞「球泉洞」の営業が10日、約1年9か月ぶりに再開した。初日は無料開放され、観光客でにぎわった。

麦わらの一味、熊本復興の旅…ワンピース像10体完成 全国からファン
営業が再開した球泉洞(10日)
営業が再開した球泉洞(10日)

 球泉洞は延長4・8キロの鍾乳洞で、年間約5万~6万人が訪れる、球磨村で有数の観光施設だった。豪雨で裏山が崩れて、鍾乳洞に続くトンネルや売店、駐車場に土砂が流れ込み、休業を余儀なくされた。

 運営する球磨村森林組合は、再開に合わせて特産品店やカフェなどを新設した。10日の式典で、谷口幸敏組合長が「地域の観光の核として、全力で振興に取り組む」とあいさつし、テープカットをして祝った。

 熊本市中央区から訪れた男性公務員(31)は「再開を機に被災地に活気が戻ってほしい」と話した。

全国の旅行・観光関連ニュースはこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「趣味」の最新記事一覧
2912279 0 2022/04/11 15:35:00 2022/04/11 16:35:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220411-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)