「富山湾の宝石」シロエビがバーガーに…バンズの上で踊っているみたいです

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

富山支局長 関泰晴

 富山湾の宝石と言われるシロエビ。透明感のある淡いピンク色の身は、刺し身でも天ぷらでもおいしい。漁期は例年4~11月で、今がまさにシーズンだ。

和歌山でおなじみ“日本最古のファストフード”…「頬張ると目を見開く」農繁期の弁当だった

漁で捕ってきたまま、独自の工夫で鮮度保つ

揚げたてのシロエビが踊るかき揚げバーガー。奥はコロッケバーガー
揚げたてのシロエビが踊るかき揚げバーガー。奥はコロッケバーガー

 主産地の富山市岩瀬地区はかつて北前船で栄えた。豪商の旧家を巡る町歩きを終え、路面電車の岩瀬浜駅近くのキッチン&カフェ・ガレガレに入ると、店長の佐伯玲奈さんが笑顔で迎えてくれた。

 併設のガレージで青いランボルギーニを展示する。シロエビ漁師でもある店のオーナー網谷一吉さんの所有で、人気を集める。当然、店の名物もシロエビだ。たっぷりの刺し身を味わう白えび (おけ) (2000円、1日限定10食)もいいが、手軽に楽しめるのは白えびバーガー(500円)で、かき揚げとコロッケがある。

 材料のシロエビは網谷さんが漁で捕ってきて、独自の工夫で鮮度を保っている。かき揚げは注文を受けてから揚げており、バンズからあふれんばかりで今にも踊り出しそうだ。

豪快にかぶりつけば、甘みと香ばしさが広がる

佐伯玲奈さん
佐伯玲奈さん

 「素材の味を生かすため特に手を加えず、殻ごと揚げています。豪快にかぶりつけば、シロエビの甘みと香ばしさが広がり、かめばかむほど絶品ですよ」と佐伯さん。揚げたタマネギと千切りキャベツも挟んであり、これにシーザードレッシングがベースの特製ソースが彩りを添えている。

 「シロエビのおいしさをもっと多くの人に知ってほしい。まさに富山の宝物だと思います」と調理も担う佐伯さんは力を込める。

こちらもオススメ…人気のシェーク「ランボルギーニ」

名物シェーク・ランボルギーニ
名物シェーク・ランボルギーニ

 スイーツも店の自慢で、人気のシェークは、その名もランボルギーニ(770円)。展示車の色に合わせてブルーキュラソーを使っている。その青とバニラアイスや生クリームの白との取り合わせは、今時分の青空に映える残雪の立山連峰を見るようだ。バーガーとの相性も抜群で、合わせて注文する人も多いという。

 ※税込み。記事中の値段などは紙面掲載時のものです。

 国内外の総支局長が、日頃通っている店のおすすめメニューなど、地域の自慢の味を紹介します。

キッチン&カフェ・ガレガレ

 富山市岩瀬天神町3

旅の予約は「よみぽランド」がお得 ご利用金額の一部をポイント還元!
スクラップは会員限定です

使い方
「趣味」の最新記事一覧
3052892 0 2022/06/03 10:24:00 2022/06/03 10:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220601-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)