秀吉の「天下統一の出発点」…天下分け目の御城印

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「天下分け目の戦い」といわれる「山崎の合戦」(1582年)で、明智光秀に勝利した羽柴(豊臣)秀吉が城主を務めた山崎城(京都府大山崎町)の御城印が誕生した。

【東本願寺 夏】<5>したたる緑 伝統つなぐ
「天下分け目の天王山」と書かれた山崎城の御城印
「天下分け目の天王山」と書かれた山崎城の御城印

 縦約15センチ、横約10・5センチで、秀吉の家紋と城名が入っている。2020年のNHK大河ドラマ「 麒麟きりん がくる」で光秀が注目されたのを機に、大山崎町商工会が企画。昨秋の観光シーズンに合わせて販売を予定していたが、コロナ禍で延期されていた。

 現在の山崎城は合戦後、天王山(標高約270メートル)の山頂に秀吉が築城。大坂城が築かれるまで秀吉の拠点となり、「天下統一の出発点」とも言われる。本丸の礎石跡や石垣、井戸などの遺構が残り、周辺はハイキングコースとしても人気がある。

 税込み300円で、商工会のほか、宝積寺、離宮八幡宮などで販売している。商工会は「山崎城や天王山の知名度アップにつながれば」と期待している。問い合わせは、町商工会(075・956・4600)。

全国の旅行・観光関連記事はこちらから
スクラップは会員限定です

使い方
「趣味」の最新記事一覧
3143537 0 2022/07/05 22:17:00 2022/07/06 07:29:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)