【今こそ、ふるさと納税】じゃばらパウダー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

和歌山県北山村

 全国唯一の飛び地の村、北山村。和歌山県でありながら和歌山県のどの市町村にも隣接せず、奈良・三重の両県に囲まれている。面積の約97%を山林が占め、人口はわずか500人弱だ。

青々したじゃばらの実と果皮粉末
青々したじゃばらの実と果皮粉末
現在、北山村では29軒の農家でじゃばらを栽培。収穫は例年11月から
現在、北山村では29軒の農家でじゃばらを栽培。収穫は例年11月から

 「じゃばら」は、そんな秘境の村を原産地とする柑橘(かんきつ)系果実。世界でただ1本の原木がこの村にあったことから、今日に注目を集めるじゃばら物語が始まった。

 村では昔からじゃばらの味、香りが評価され、サンマ寿司(ずし)や昆布巻きなど正月料理の食酢として利用。一説に「(じゃ)を払う」の語源から縁起物として珍重されていた。

 その魅力を広く知ってもらおうと村では1979年に「じゃばら振興会」を設立し、過疎化の回復と産業発展を目指した。接ぎ木で増やし結実するまで約3年を要するものの、1988年には出荷量が60トンを超えた。それでも、おいしいだけでは出荷量は伸びず、8年ほど余剰在庫に悩んでいた。

 それが一転。低迷期でも買ってくれる複数客の「花粉症にいい」の声をヒントに調査。和歌山県工業技術センターが、アレルギー抑制効果のある物質が含まれていると発表したこともあり、知名度は全国区に。今では8000本以上を植栽し、2020年4月から村のじゃばら事業を民営化。株式会社じゃばらいず北山を立ち上げ、飛躍を目指している。

 酸っぱさの後にほんのり香る苦味が特徴で、フラボノイドの一種・ナリルチンが豊富。花粉症対策へ期待が高まる成分だ。農業・食品産業技術総合研究機構の調べでは、果皮は果実の6倍以上も含み、スダチの9倍、カボスの13倍という。

 そんな果皮を使った返礼品が「じゃばらパウダー」。乾燥させた果皮を粉砕した無香料・無着色の粉末だ。鍋料理や焼き魚のアクセントに加えるのもいいし、飲み物やヨーグルトに混ぜるのもいい。アロマテラピーや入浴剤として楽しむ人もいるそうだ。

 「新型コロナウイルスの影響で出荷予定がキャンセルになり、在庫を抱え困っています。ふるさと納税を通じ、じゃばらの魅力、パワーを感じてほしい」と、じゃばらいず北山の森下明泰さんは話す。

 そもそも、ふるさと納税はその地域を応援する寄付制度である。まずは返礼品でじゃばらの魅力に触れ、いつか、“じゃばらの故郷”を訪ねたい。

 文/松田秀雄

寄付額:1万4000円以上
返礼品:じゃばらパウダー(100グラム×2袋)
申込条件:何度でも可
申込期日:通年
発送:入金確認から、3~10営業日以内
問い合わせ:北山村地域事業課ふるさと納税係/電話0735・49・8100
株式会社じゃばらいず北山

 (月刊「旅行読売」2020年8月号から)

◆月刊「旅行読売」
 1966年創刊。「読んで楽しく、行って役立つ旅の情報誌」がモットー。最新号や臨時増刊などの案内はこちら

無断転載・複製を禁じます
1310453 0 旅行読売セレクト 2020/07/02 05:20:00 2020/07/02 05:20:00 2020/07/02 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200626-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ