【旅する喫茶店】空中に浮かぶ円形のカフェ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

サロン・ド・テ ロンド(東京・港区)

波打つガラスカーテンウォールが特徴的な建物。1階は系列の別のカフェ
波打つガラスカーテンウォールが特徴的な建物。1階は系列の別のカフェ

 都心で非日常感を味わいたくなったら国立新美術館に行くといい。六本木の繁華街から正門を入ると、故黒川紀章(きしょう)氏が「森の中の美術館」をコンセプトに設計した全面ガラス張りの巨大な建物が現れる。ロビーは天井高21.6メートルの吹き抜け空間で、円錐(えんすい)を逆さにした形の大小二つの塔が鎮座しており、このアトリウムのスケールに圧倒されながら、奥の塔にあるティーサロンに上がった。

 名前の「ロンド」(輪舞)の通り、コーンの底に載る店は、空中に浮かぶ円形舞台のようで浮遊感がある。空間が広いためか、波打つ窓から自然光が降り注ぐ館内は、静寂に包まれている。展覧会帰りであろう人たちが、作品の余韻とコーヒーや紅茶を楽しんでいる姿があった。

 「国内5番目の国立美術館として2007年に開館する際、土地柄、国際色豊かな客層を意識してフランス料理店やカフェなど館内4店もオープンしました。企画展とコラボしたオリジナルデザートを出すこともあります(休止中)」とカフェの運営会社ひらまつの鳴澤佑里子さん。

 ショップで土産を買い、地下鉄駅へ向かう。ほんの数時間の滞在なのに晴れやかな気分になっているのは、美術館そのものに日常にない創造的な遊びや自由の感覚を感じたからかもしれない。大きさ、曲線、光、色……それ自体が作品なのだ。

ケーキ「木苺のムース フランボワーズのクーリー」とコーヒーのセット1386円
ケーキ「木苺のムース フランボワーズのクーリー」とコーヒーのセット1386円

サロン・ド・テ ロンド

 東京都港区六本木7-22-2
 電話:03・5770・8162
 営業:11時~17時30分(金曜は18時30分まで)/火曜休(祝日の場合は翌日休)
 交通:地下鉄大江戸線・日比谷線六本木駅から徒歩5分、または地下鉄千代田線乃木坂駅直結

 文・写真/福崎圭介

 (月刊「旅行読売」2020年9月号から)

◆月刊「旅行読売」
 1966年創刊。「読んで楽しく、行って役立つ旅の情報誌」がモットー。最新号や臨時増刊などの案内はこちら

無断転載・複製を禁じます
1414392 0 旅行読売セレクト 2020/08/20 05:20:00 2020/08/20 05:20:00 2020/08/20 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200814-OYT8I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ