文字サイズ

    よみうり危機管理セミナー2018「次の地震、大規模停電に備える」

    11月16日(金)午後2時から、JRタワープラニスホールで開催

     最大震度7を観測した9月6日の北海道地震で道内全域が停電となるブラックアウトが起き、産業や生活に大きな影響を与えました。セミナーでは次の地震、大規模停電に対し、企業や個人は、どう備えるべきか考えます。

    【日時】11月16日(金)午後2時~4時(午後1時半開場)

    【場所】JRタワープラニスホール(札幌市中央区北5西2、札幌エスタ11階)

    【基調講演】省エネ、防災危機管理コンサルタント「あかりみらい」の越智文雄社長

    【パネリスト】「セコマ」の丸谷智保社長、「北海道防災士会」の横内春三事務局長、越智社長。司会は橋本登代子アナウンサー

    【応募方法】先着順で電話(011・242・5615)か電子メール(d-jigyou@yomiuri.com)で。メールの場合は〈1〉住所(市町村名のみ)〈2〉氏名〈3〉年齢〈4〉電話番号を明記し、読売新聞北海道支社「危機管理セミナー」係へ。入場無料

     ※先着順なので入場券発送なし。定員250人。

    【問い合わせ】読売新聞北海道支社総務部(011・242・5615、平日の午前10時~午後5時)

    主催=読売新聞北海道支社

    2018年10月24日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ