藤井聡太七段、18年度も勝率1位…2年連続

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中田宏樹八段(右)に勝利し、対局を感想戦で振り返る藤井聡太七段(27日夜、東京都渋谷区で)=冨田大介撮影
中田宏樹八段(右)に勝利し、対局を感想戦で振り返る藤井聡太七段(27日夜、東京都渋谷区で)=冨田大介撮影
中田宏樹八段に勝利し、対局を感想戦で振り返る藤井聡太七段(27日夜、東京都渋谷区で)=冨田大介撮影
中田宏樹八段に勝利し、対局を感想戦で振り返る藤井聡太七段(27日夜、東京都渋谷区で)=冨田大介撮影

 将棋の藤井聡太七段(16)は27日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた第32期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)のランキング戦4組準々決勝で中田宏樹八段(54)を110手で下し、2018年度の最後の対局を勝利で飾った。

 これで、藤井七段の年度成績は45勝8敗(未放送のテレビ対局を含む)となった。勝率は8割4分9厘で、中原誠十六世名人(71)が1967年度に作った年度最高勝率(8割5分4厘)には及ばなかったものの、歴代3位の好記録で2018年度の勝率1位を確定させた。藤井七段は17年度も勝率1位だった。

 矢倉戦の対局を終盤の逆転で制した藤井七段は「ミスが重なり敗勢になった。勝つことができて次も竜王戦を指すことができる。全力で頑張りたい」と話した。今年度について「勝率で前年度(8割3分5厘)をわずかに上回ることができてうれしい」と振り返った。

510818 0 囲碁・将棋 2019/03/27 22:51:00 2019/03/27 23:07:52 今年度最終対局となった竜王戦4組の中田宏樹八段戦を終えた藤井聡太七段(左)(午後10時38分、東京・渋谷区の将棋会館で)=冨田大介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190327-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ