羽生九段、王位戦挑戦ならず…木村九段に敗れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段に敗れた羽生善治九段(6日午後、東京都渋谷区で)=沼田光太郎撮影
王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段に敗れた羽生善治九段(6日午後、東京都渋谷区で)=沼田光太郎撮影

 将棋の羽生善治九段(48)は6日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段(45)に136手で敗れ、挑戦権獲得はならなかった。通算獲得タイトル数で歴代1位の99期を記録している羽生九段だが、本局の敗戦で前人未到のタイトル100期への挑戦は先送りとなった。

 同日の対局は横歩取りの戦型になり、形勢が二転三転する激戦を木村九段が制した。羽生九段は対局後、「終盤、(盛り返して)難しくなったと思ったが、正しい手順が見えなかった」と話した。

無断転載禁止
624439 0 囲碁・将棋 2019/06/06 20:40:00 2019/06/06 20:56:55 王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段に敗れ、感想戦で険しい表情を見せる羽生善治九段(6日午後8時19分、東京都渋谷区で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190606-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ