仲邑菫初段、AIに敗れる…終局後「強かった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

AIに敗れ、残念そうに盤面を見つめる仲邑初段(10日、大阪市淀川区で)
AIに敗れ、残念そうに盤面を見つめる仲邑初段(10日、大阪市淀川区で)

 囲碁の国内最年少棋士、仲邑菫なかむらすみれ初段(10)が10日、大阪市内で、囲碁の人工知能(AI)世界一を目指して開発中のAI「GLOBIS―AQZ(グロービス・エーキューゼット)」と対局した。

 経営大学院を運営するグロービス(東京)などが開発しているAI。棋士の育成にAIを活用しようとする日本棋院との協力で、仲邑初段と、コンピューター同士で50万局打つ強化学習を1回(1日)行ったAQZとの対戦が実現した。

 白番の仲邑初段はAQZに陣地でリードされ、勝負手を放ったが切り返されて投了した。終局後、「強かった」と悔しそうだった。AQZを共同開発するエンジニア、山口祐さん(32)は「プロに勝利できたのは大きな収穫です」と話した。

 AQZはさらに強化し、19日に若手強豪の芝野虎丸七段(19)と対戦。8月に中国で開かれる囲碁AIの世界大会に出場する予定だ。

無断転載禁止
683638 0 囲碁・将棋 2019/07/10 20:31:00 2019/07/10 21:01:56 終局後、対局を振り返る仲邑菫初段(左)とAI共同開発者の山口祐さん(大阪市淀川区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190710-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ