依田九段ツイート、スポンサーが問題視…「棋戦に傷」大会終了

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本棋院は20日、この日決勝が行われた囲碁の公式戦「フマキラー囲碁マスターズカップ」の今大会での終了を発表した。この棋戦に出場していた依田紀基九段(53)のツイッター上での発言をフマキラー社が問題視したことがきっかけで、同棋院の小林覚理事長(60)は「今後は依田九段の処分を検討していく」と話した。

 依田九段は先月中旬からツイッターで日本棋院の人事などに関して執行部や特定の個人を批判する発言を繰り返し、同棋院理事会から警告を受けた。依田九段はすでに謝罪し、発言を削除しているが、その言動で「棋戦そのものに傷が付いたとして、フマキラー社がスポンサーを降りる意向を示していた」と小林理事長は説明した。

 マスターズカップは、50歳以上の七大タイトル経験者らがトーナメント方式で争うシニア棋戦で、2011年に創設。今大会の本戦には依田九段をはじめ16人が出場し、趙治勲名誉名人(63)が4度目の優勝を果たした。

スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
700392 0 囲碁・将棋 2019/07/20 20:26:00 2019/07/21 00:54:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)