芝野名人が囲碁王座を獲得、史上最年少二冠…井山棋聖は三冠に後退

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 囲碁の第67期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)、井山裕太王座(30)と挑戦者・芝野虎丸名人(20)の第4局が29日、愛知県蒲郡市で行われ、芝野名人が282手までで白番半目勝ちし、シリーズ3勝1敗で初の王座を獲得。史上最年少での二冠を達成した。井山棋聖の保持するタイトルは他に本因坊・天元となり、2012年7月以来の三冠に後退した。

 終局後、芝野二冠は「小さい時から目標にしていた井山先生に勝つことができ、自信になった」と話し、井山棋聖は「最近の成績からすると、この結果も仕方ない。またこの舞台に戻って来られるよう頑張りたい」と話した。

無断転載禁止
924991 0 囲碁・将棋 2019/11/29 19:40:00 2019/11/29 19:40:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ