藤井聡太七段、順位戦で開幕9連勝…来期は昇級

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 将棋の藤井聡太七段(17)が4日、大阪市の関西将棋会館で順位戦C級1組の対局に臨み、高野秀行六段(47)に99手で勝利した。藤井七段は同組開幕から9連勝となり、3月の最終局を残して来期のB級2組昇級を決めた。

 名人戦の予選リーグにあたる順位戦はA級、B級1組・2組、C級1組・2組の5クラスに分かれて対局し、成績によって昇級、降級する。昨年度、藤井七段はC級1組で9勝1敗だったが、勝ち星で並んでいた師匠の杉本昌隆八段(51)ら2人が順位で上位だったため、昇級を逃していた。

 終局後、藤井七段は「今期は(B級2組に)上がることができ、師匠に追いつけてよかった」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1037081 0 囲碁・将棋 2020/02/04 22:23:00 2020/02/04 23:23:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ