17歳の藤井聡太七段、最年少でタイトル挑戦へ…棋聖戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

永瀬二冠との対局に臨む藤井七段(日本将棋連盟提供)
永瀬二冠との対局に臨む藤井七段(日本将棋連盟提供)

 将棋の藤井聡太七段(17)は4日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた棋聖戦決勝トーナメント・挑戦者決定戦で永瀬拓矢二冠(27)を100手で破り、渡辺明三冠(36)への挑戦権を獲得した。これにより藤井七段は、屋敷伸之九段(48)の保持していたタイトル挑戦最年少記録(17歳10か月24日)の更新を確実にした。

 日本将棋連盟によると、棋聖戦五番勝負第1局が行われる今月8日時点で、17歳10か月20日となる藤井七段の最年少記録が確定する。タイトル獲得の最年少記録は、屋敷九段の持つ18歳6か月。藤井七段が棋聖を奪取すると、タイトル獲得の最年少記録も更新する。

無断転載禁止
1259720 0 囲碁・将棋 2020/06/04 19:54:00 2020/06/04 21:30:59 永瀬二冠との対局に臨む藤井七段(日本将棋連盟提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200604-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ