藤井二冠の「封じ手」、オークションで1000万円以上の高値に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 将棋の藤井聡太王位・棋聖(18)が史上最年少二冠を達成した第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第2局から第4局までの封じ手3通が14日、オークションサイト「ヤフオク!」に出品され、同日夜、1000万円以上の値がつく封じ手が出た。

 出品者の日本将棋連盟は「封じ手のオークションで100万円を超えたことはなく、驚いている。実際の金額は、落札されてお金が振り込まれるまでは確定しない」としている。

 オークションは20日夜まで行われ、収益金から手数料などを除く全額が、7月の九州豪雨被災地への支援活動に使われる。

無断転載・複製を禁じます
1476796 0 囲碁・将棋 2020/09/14 19:54:00 2020/09/15 00:40:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ