藤井二冠の「封じ手」、最高1500万円…ヤフオクで入札締め切り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

王位戦第4局の封じ手の現物(日本将棋連盟提供)
王位戦第4局の封じ手の現物(日本将棋連盟提供)

 日本将棋連盟がオークションサイト「ヤフオク!」に出品していた王位戦七番勝負第2局~第4局の封じ手の入札が20日夜、締め切りとなり、藤井聡太二冠(18)が王位を奪取した第4局の封じ手が1500万円となった。第2局が約550万円、第3局は約200万円。入金をもって金額は確定となり、収益金から手数料などを除く全額が、九州豪雨被災地への支援活動に使われる。

 今回出品された封じ手は、藤井二冠が初の2日制対局でタイトル保持者だった木村一基九段(47)と対戦した時のもの。通常2通書く封じ手を3通作成し、1通をチャリティーに使うことを木村九段が提案し、藤井二冠が賛同して実現した。

 封じ手は、将棋や囲碁の2日制対局などで行われるもので、1日目に規定の時刻を迎えた際、手番の棋士は次の一手を決め、相手棋士に知られないよう指し手を記入し、封筒に入れて封をする。立会人の棋士が2日目朝に、封じ手を読み上げて対局が再開される。

無断転載・複製を禁じます
1491341 0 囲碁・将棋 2020/09/20 21:44:00 2020/09/21 11:44:15 王位戦第4局の封じ手の現物(日本将棋連盟提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200920-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ