読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

藤井二冠、ギリギリの終盤戦制す…「初防衛」「九段昇段」二つの最年少記録を更新

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 将棋の第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第3局が3日、静岡県沼津市で行われ、棋聖を保持する藤井聡太二冠(18)が挑戦者の渡辺明名人(37)に100手で勝ち、シリーズ3連勝でタイトルを初防衛した。18歳11か月の藤井二冠はタイトル初防衛の最年少記録を更新した。また、タイトル3期獲得により八段から九段へ昇段し、こちらも最年少記録となった。

対局に勝利し、感想戦に臨む藤井二冠(3日午後、静岡県沼津市で)=代表撮影
対局に勝利し、感想戦に臨む藤井二冠(3日午後、静岡県沼津市で)=代表撮影

 相居飛車の力戦となった対局は、ギリギリの終盤戦を藤井二冠が制した。二つの最年少記録を更新したことについては「記録は意識していなかったが、防衛という結果を出すことができて良かった。九段は最高段位なので光栄です」と語った。

 藤井二冠はデビューから順調に昇段を重ね、上位陣との対戦が増える中で4年連続勝率8割超えを記録し、「令和の覇者」としての足場を固め始めた。

 棋聖防衛について藤井二冠は「将棋界には『タイトルを防衛して一人前』という言葉もあるので、防衛できて良かった」と話した。

 渡辺名人は棋聖戦で藤井二冠相手に2年連続で苦杯をなめた。竜王11期を始め、タイトル獲得通算29期を誇るトップ棋士の渡辺名人は、39回目のタイトル戦で初めてストレート負けを喫した。局後に「フルセットだろうが(ストレートだろうが)負け方は一緒だと思う」と語った。

 今シリーズを通して藤井二冠には精神的なゆとりも感じられた。「対局地の名産品を食べたい」と、第1局の昼食で木更津名物のあさりカレーを味わったり、緊迫した局面が続く中、海の潮位が変化する様子を眺めたりしていた。

 将棋界は、八大タイトルを分け合う藤井二冠(王位、棋聖)、豊島将之竜王(叡王)、渡辺名人(棋王、王将)、永瀬拓矢王座の「4強時代」だが、今回の防衛で藤井二冠が頭一つ抜け出したと見る向きもある。

 日本将棋連盟常務理事の森下卓九段は「平成の覇者である羽生善治九段のように、これから三冠、四冠とタイトルを増やして、藤井時代が訪れる可能性が高い」と展望している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2176707 0 囲碁・将棋 2021/07/03 20:42:00 2021/07/08 18:59:47 産経13代表【第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第3局】 渡辺明三冠との対局に勝利し、感想戦に臨む藤井聡太棋聖=3日午後7時24分、静岡県沼津市の沼津御用邸(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)