藤井聡太竜王、叡王防衛に王手…千日手指し直しの末2連勝

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 将棋の叡王戦五番勝負第2局が15日、名古屋市で行われ、叡王位を保持する藤井聡太竜王(19)が挑戦者の出口 若武わかむ 六段(27)に勝ち、2連勝で叡王防衛に王手をかけた。第3局は24日に千葉県柏市で行われる。

【動画】挑戦者の本命は“研究仲間”、対抗は「左の山」の若手3人…藤井竜王が本戦を展望
叡王戦第2局で勝った藤井竜王(左)
叡王戦第2局で勝った藤井竜王(左)

 対局後、藤井竜王は「本局の内容を振り返って次につなげたい」と話し、出口六段は「見落としがあったので、次は内容を良くしたい」と語った。本局は、中盤で同一手順が繰り返される千日手となり、指し直しの結果、藤井竜王が制した。

藤井聡太竜王に関する最新ニュースはこちら
スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
3001452 0 囲碁・将棋 2022/05/15 20:03:00 2022/05/19 16:21:47 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220515-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)