藤井竜王、「叡王戦」3連勝で防衛…羽生九段と並ぶ歴代2位のタイトル戦13連勝

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

叡王防衛を果たし、花束を手にして記念撮影に応じる藤井竜王=吉田祐也撮影
叡王防衛を果たし、花束を手にして記念撮影に応じる藤井竜王=吉田祐也撮影

 将棋の叡王戦五番勝負第3局が24日、千葉県柏市で行われ、叡王位を保持する藤井聡太竜王(19)(王位、王将、棋聖)が挑戦者の出口若武六段(27)に109手で勝ち、シリーズ3連勝でタイトルを防衛した。

【動画】挑戦者の本命は“研究仲間”、対抗は「左の山」の若手3人…藤井竜王が本戦を展望

 藤井竜王はこれでタイトル戦13連勝。羽生善治九段(51)と並び、歴代2位のタイトル戦連勝記録となった。1位は大山康晴十五世名人の17連勝。

 終局後、連勝記録について問われた藤井竜王は、「本局も負けの局面があったと思うのであまり気にせず、来月からの棋聖戦や王位戦に向けてしっかり準備したい」と話した。

叡王戦第3局に臨む藤井竜王(左)(日本将棋連盟提供)
叡王戦第3局に臨む藤井竜王(左)(日本将棋連盟提供)

 この日の対局は、前2局同様、互いにまず飛車先を突き合う相掛かりの戦いになった。終盤、両者とも秒読みになり、形勢が二転三転とする中、藤井竜王がきわどく寄せ切った。

 藤井竜王のタイトル戦連勝は、昨年8月の王位戦七番勝負第5局から始まった。同年10~11月には竜王戦七番勝負を4連勝で制して最高位の竜王を獲得すると、今年1~2月の王将戦七番勝負も4連勝し、史上最年少で五冠を達成した。藤井竜王は全8回のタイトル戦で通算28勝4敗、勝率8割7分5厘と圧倒的な強さを見せている。

藤井聡太竜王に関する最新ニュースはこちら
スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
3027107 0 囲碁・将棋 2022/05/24 18:39:00 2022/05/25 01:30:46 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220524-OYT1I50131-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)