久保利明九段や稲葉陽八段と対局OK…寄付100万円以上で先着順に受け付け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゆかりの将棋棋士6人がプロとして活躍し、〈棋士のまち〉をPRしている兵庫県加古川市が、地元出身の久保利明九段や子ども時代を同市で過ごした稲葉 あきら 八段との対局を「ふるさと納税」の返礼品として加える。寄付額100万円以上の市外在住者を対象に、8月1日午後8時から先着順で応募を受け付ける。

返礼品での対局を引き受けた久保利明九段(加古川市で)
返礼品での対局を引き受けた久保利明九段(加古川市で)

 日本将棋連盟の公式戦の一つ「加古川青流戦」を運営する市ウェルネス協会と加古川観光協会が企画した。

 対局は、青流戦の会場になっている同市の鶴林寺で11月12日に開催。両棋士が午前10時と午後2時からそれぞれ1人と対戦する。特典として記念撮影やサイン入りグッズの贈呈が予定されている。

 記者会見に出席した久保九段は「対局相手には将棋だけでなく、加古川の街を楽しんでほしい」と話した。応募はふるさと納税ポータルサイト「楽天ふるさと納税」で受け付ける。

 問い合わせは市産業振興課観光振興係(079・424・2190)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「囲碁・将棋」の最新記事一覧
3109955 0 囲碁・将棋 2022/06/24 11:16:00 2022/06/24 11:16:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220624-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)