囲碁・棋聖戦、井山棋聖と河野九段の第1局始まる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 囲碁界の最高位を争う第44期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)、井山裕太棋聖(30)と挑戦者・河野臨九段(39)の第1局が9日午前9時、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まった。

 三冠を保持し、棋聖戦最多タイの8連覇を狙う井山棋聖に、初の棋聖位を目指す河野九段が挑むシリーズ。

 握りで先番を引き当てた井山棋聖は、右上隅星に第一着。河野九段は小目で応じ、左上隅と右下隅が同形となる布石になった。白28の三々から実利を稼いだ河野九段に対し、井山棋聖は右辺に模様を築いて対抗する展開となった。

 解説の山下敬吾九段は「左上の黒の一団はまだ完全な生きではない。黒は右辺に模様を築いたが、白がどう削減していくか、また、左下への白の打ち込みも気になるところで、今後の進行が注目されます」と話している。

無断転載・複製を禁じます
992088 0 棋聖戦 2020/01/09 12:34:00 2020/01/09 12:34:00 2020/01/09 12:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ