井山棋聖、AI流の布石で序盤ゆったりと…棋聖戦第4局1日目終了

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 囲碁界の最高位を争う第44期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)、井山裕太棋聖(30)と挑戦者・河野臨九段(39)の第4局が14日午前9時、福岡県太宰府市の九州国立博物館で始まり、午後4時30分、井山棋聖が72手目を封じて1日目を終えた。

 井山棋聖の3連勝で迎えた本局は、AI(人工知能)流の布石で序盤はゆったりとした進行になった。右上隅から石が競り始め、河野九段が黒石を捨てる作戦を取ったため、井山棋聖は大きな実利を得た。続いて戦いは左上に移り、上辺の白石の逃げ出しを図る展開になった井山棋聖が、長考の末に封じた。

 解説の山田規三生九段は「上辺の戦いがどう収束するのか、善悪の判断が難しそうだ。この戦いが一段落すれば、右下や下辺に戦線が拡大していくだろう」と話している。

無断転載禁止
1053479 0 棋聖戦 2020/02/14 18:47:00 2020/02/14 18:47:00 2020/02/14 18:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ