読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[第45期 棋聖戦]井山棋聖の9連覇か、河野九段の連続挑戦実るか…13日開幕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

棋聖戦関連の記事はこちら

 囲碁界の最高位を争う第45期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)は13日、東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」で開幕する。棋聖・名人・本因坊の大三冠を保持する井山裕太棋聖(31)に挑むのは、2期連続の挑戦となる河野臨九段(40)。前期は井山棋聖の4勝2敗だった。両対局者に意気込みを聞くとともに、シリーズの行方を張栩九段(40)に展望してもらった。

新たな一面見せる…棋聖・井山裕太

いやま・ゆうた 1989年、大阪府生まれ。石井邦生九段門下。2002年入段。16年、囲碁界初の七冠を達成。いったん六冠になった後の17年10月に囲碁・将棋界通じて初の2度目の七冠を達成し、18年2月に国民栄誉賞を受賞。タイトル獲得数は62、うち七大タイトルは49で史上最多。昨年は3期ぶりに名人を獲得し、3度目の大三冠(棋聖、名人、本因坊)となった。
いやま・ゆうた 1989年、大阪府生まれ。石井邦生九段門下。2002年入段。16年、囲碁界初の七冠を達成。いったん六冠になった後の17年10月に囲碁・将棋界通じて初の2度目の七冠を達成し、18年2月に国民栄誉賞を受賞。タイトル獲得数は62、うち七大タイトルは49で史上最多。昨年は3期ぶりに名人を獲得し、3度目の大三冠(棋聖、名人、本因坊)となった。

 河野九段は非常に安定感のある棋士。今期の挑戦者決定トーナメントの変則三番勝負でも、ギリギリの勝負を制した粘り強さが印象的で、勢いがあります。前期の七番勝負もそうですが、河野九段との過去のタイトル戦は際どい戦いが多く、私が圧倒しているという感じは全くありません。

 河野九段はAI(人工知能)を使った研究にも熱心ですが、布石などに独自の手法を加味して、自分の得意の形に持ち込むのがうまい。AIの見解は参考にしつつも、うのみにはせず、自分の色を出したいという思いが強いのでしょう。そこは私も共感するところです。準備の段階から負けないようにしなければと思っています。

 七番勝負は2日制なので、持ち時間の短い碁では通り過ぎてしまうような局面でも深く考え、最善手を探求できます。特に踏み込んだ決断をする時は、それなりの裏付けが必要なので、時間があるのは、その点でやりやすい。毎回、非常に濃密な時間を過ごすことになります。

 コロナ禍で対局がない期間が長かったですが、改めて自分を見つめ直す機会になりました。家族の支えもあり、今は気持ちも新たに対局に臨めています。

 棋聖戦9連覇は、なかなか挑戦できない記録なので、チャンスがあること自体、大変光栄に思いますが、あまり意識しないようにしています。心掛けたいのは、重要な場面で読みや判断の精度をどこまで上げていけるかです。自分が今持っているものを全て出し切り、これまでとは違った新たな一面もお見せできるよう、悔いのない戦いができればいいと思っています。

不惑、自然体で臨む…挑戦者 九段・河野臨

 こうの・りん 1981年、東京都生まれ。小林光一名誉棋聖門下。96年入段。2005年に初タイトルとなる天元を獲得し、以後3連覇。棋聖戦では第41期にSリーグを制して初挑戦した。竜星戦で2度優勝するなど早碁棋戦で数々の実績があり、タイトル獲得数は9。2度目の挑戦となった前期棋聖戦では3連敗後に2連勝する粘りを見せたが、あと一歩タイトルに届かなかった。
 こうの・りん 1981年、東京都生まれ。小林光一名誉棋聖門下。96年入段。2005年に初タイトルとなる天元を獲得し、以後3連覇。棋聖戦では第41期にSリーグを制して初挑戦した。竜星戦で2度優勝するなど早碁棋戦で数々の実績があり、タイトル獲得数は9。2度目の挑戦となった前期棋聖戦では3連敗後に2連勝する粘りを見せたが、あと一歩タイトルに届かなかった。

 2期連続で挑戦者になれたのは出来すぎです。Sリーグから苦しい碁が多く、特に挑戦者決定変則三番勝負は1局目に逆転負けし、2局目もずっと劣勢でした。棋聖には3度目の挑戦となりますが、挑戦者になった時は全て2局目で勝っており、運がいいと思います。

 井山棋聖には分が悪く、大勝負ではことごとく敗れています。数打てば……じゃないですが、勝つまで挑むという気持ちで臨みたい。前期は悔いの残る手が多く、あっという間にカド番に追い込まれてしまった。押されっぱなしでした。今期はもう少し競った展開に持ち込めれば……。

 持ち時間が長い碁での井山棋聖は、勝負に持ち込むのも難しいほど、つけ入る隙がない。でも、前期の第6局は、私の見損じが大きく響いたものの、その1か所以外はかなり渡り合えたという手応えも感じました。井山棋聖がどうというより、結局は自分を高め、自分がしっかりするしかないのだと思います。

 井山さんだからと、特別に対策をすることはありません。AIでの研究はしていますが、流行形を追うのではなく、他の棋士が打たないような手を用意して、自分の土俵で勝負したい。対局の中では程良い決断と、立ち止まるべき所ではしっかり考えるというバランスも重要でしょう。

 死に物狂いに準備をするのは対局直前まで。そこまでで勝負はほとんど決まっていると考えています。対局はすっとやればいいだけ。淡泊に見えるかもしれませんが、自分にはそれがしっくりくる。「不惑」となって初のシリーズである今期の七番勝負は、そんな自然体で臨みたいと思います。

<シリーズ展望>2人ならではの名局期待…張栩九段

棋聖戦の展望を語る張栩九段(2日、東京都千代田区で)=高橋美帆撮影
棋聖戦の展望を語る張栩九段(2日、東京都千代田区で)=高橋美帆撮影

 前期の七番勝負は井山棋聖の4勝2敗でしたが、第5局で3勝2敗となった局面では、井山棋聖といえどもそれほど余裕はなかったはずです。ただ、井山棋聖には並外れた精神的な強さがある。2日制という持ち時間の長い碁で、持ち前の構想力、発想力をいかんなく発揮した気がします。

 最近の井山棋聖は、序盤はAIの考えを理解した上で工夫を施し、ありきたりの形にとどまらない、非常にレベルの高い碁を見せています。AI流を上手に吸収しています。

 一方の河野九段は、勝負所での深い読みや高い集中力が抜群で、年齢を感じさせません。世界的に見ると40歳代で第一線で活躍している棋士はほとんどいませんから、驚くべきことです。並外れた勉強量が今の活躍を支えているのでしょう。詰碁やヨセの問題作りを趣味にしており、日々、呼吸するように手を読んでいるんです(笑)。

 今期は井山棋聖の9連覇がかかっています。偉大な記録ですが、簡単に達成されてしまうのは、同時代の棋士として、やはり少し恥ずかしいことです。

 確かに今の井山棋聖の力は、頭一つ抜けています。井山棋聖は形勢がいい時でも決して緩まず、最強手を放って相手に絶望感を味わわせる。時間の使い方のうまさも含め、番勝負ならではの戦い方を熟知しています。どんな場面でも冷静で、心が折れない。

 ただ河野九段は、口に出しませんが、秘めている勝利への思いは大変熱い。戦いはもう始まっていますが、どういう構想を練ってくるのか。井山棋聖の想定を大きく外すことができれば、流れをつかめるかもしれません。これまで、ことごとく井山棋聖にタイトルを阻まれてきただけに、今期こそ何が何でも引きずり下ろすという強い覚悟で臨んでほしい。

 今期の七番勝負では、大石同士の攻め合いや、全局的に死活が絡む激闘など、この2人ならではの名局が見られそうな気がします。半目勝負も何局かありそうです。まさに紙一重の勝負。最高峰の棋戦にふさわしいシリーズになるものと期待しています。

2人のタイトル戦成績(肩書は当時)

2012年
・第38期天元戦五番勝負
 井山裕太天元〇3―0●河野臨九段
2013年
・第38期碁聖戦五番勝負
 井山裕太碁聖〇3―2●河野臨九段
2014年
・第39期碁聖戦五番勝負
 井山裕太碁聖〇3―2●河野臨九段
・第39期名人戦七番勝負
 井山裕太名人〇4―2●河野臨九段
2017年
・第41期棋聖戦七番勝負
 井山裕太棋聖〇4―2●河野臨九段
2019年
・第74期本因坊戦七番勝負
 井山裕太本因坊〇4―2●河野臨九段
2020年
・第44期棋聖戦七番勝負
 井山裕太棋聖〇4―2●河野臨九段

七番勝負の日程

 第1局 1月13・14日
 ホテル椿山荘東京(東京都文京区)

 第2局 1月22・23日
 勝興寺(富山県高岡市)

 第3局 2月5・6日
 オリーブベイホテル(長崎県西海市)

 第4局 2月16・17日
 ホテル花月園(神奈川県箱根町)

 第5局 3月4・5日
 ryugon(新潟県南魚沼市)

 第6局 3月15・16日
 常磐ホテル(甲府市)

 第7局 3月18・19日
 常磐ホテル(甲府市)

無断転載・複製を禁じます
1754855 0 棋聖戦 2021/01/08 05:00:00 2021/01/12 15:50:53 2021/01/12 15:50:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/kisei-tile.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)